法学

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
空中浮遊.jpg
この項目には、宗教に関係する記述が含まれています。
あなたはこの項目へ自由にリンクを張ることができますが、「宗教関係はお断り」としてあなたのサイトがリンクを外されるかもしれないことは覚悟してください。

法学(ほうがく、英jurisprudence、独Rechtswissenschft)は、非常に強い勢力を擁する宗教の一派。屁理屈教とも。

法学には教義の基礎を研究する法哲学、教義の由来を研究する法史学、経典の解釈を中心とする法解釈学などがある。その宗教的権威は神ではなく法学部の高偏差値に由来する。また、法解釈学は経典を作成する国会という幹部集団の権威を笠に着ることもあるが、実は国会は法務省というさらに上位の幹部団体の操り人形にすぎない(なお、法務省は検察庁というさらに上位の幹部集団の操り人形にすぎない)。

法学者は黒い衣(これを法衣という)にかつらを着用することが義務付けられているが、最近では七三分けも許容されているという。

法学の使命は正義を実現することであって、それはたいていの場合反対派に制裁を科すことで達成される。

なお、マルクス教の信者は、ブルジョアの法は人民を抑圧する装置にすぎないとして法を批判するが、法もマルクス教もともに人民を抑圧することに違いはない。近親憎悪の一種であろう。

憲法[編集]

第9条しか存在しない奇妙な基本法(ただし、聖徳太子の時代には17条あったとする見解もある)。

人権や統治機構の定めがあるという噂も一部にはあるが、マスコミ報道や憲法学者の議論をみるかぎり、憲法には戦争放棄しか謳われていないようである。

すべての人間は憲法に服従しなくてはならないため、憲法に逆らうと宣戦布告される。

民法[編集]

その名のとおり民のための法であり、もっぱら民夫、民子、民介などという名前の者に適用される。

私的自治の原則という大層な名前をもった原則があるが、これは「好き勝手にやってちょーだい」という程度の意味。また信義則は「空気読めよ!」、公序良俗の原則も「常識で考えろ!」という程度の意味である。

民法に逆らうと強制的に結婚をさせられる。

禁反言の原則
女子高生が自分でミニスカートをはいておきながら、階段でスカートを押さえること。
不完全物権変動
指輪を備えないオニャノコは二股をしてもよいこと。対抗要件を具備していない以上、所有権は不完全にしか変動していないのである。
公示の原則
物権変動は明確な外形的表徴をもって示されなければならないという原則。そうでないと、物権変動が認識できず、取引に入った者を害することになるからである。よく指輪をつけないオニャノコがいるが、これも彼氏もちなのかどうなのかわからず、公示の原則違反といえる。
公信の原則
真実の物権変動と異なる物権変動がなされたかのような外形的表徴があった場合、それを信頼して取引に入った第三者については、表示どおりの物権変動をみとめようという原則。指輪をつけないオニャノコを、彼氏がいないんだと信頼してアタックをしかけた男の子は、善意無過失のときに限り恋のキューピッドが微笑むことになるが、これが公信の原則の適用例である。

刑法[編集]

痴漢をした者は、うーん、死刑!

全編「死刑」でつづられた法律。

たとえば第199条は「人を殺した者は、うーん、死刑!」である。

その解釈はとても厳しく、罪刑法定主義(犯罪と刑罰はあらかじめ明文の法律によって死刑と定められてなければならないという原則)、責任主義(責任ある者はみんな死刑という原則)、謙抑主義(慎み深く死刑にするという原則)などに従わなければならない。

なお、犯罪とは「構成要件に該当する違法で有責な行為」と定義されるが、平易に言い直すと「構成要件に該当する違法で有責で死刑になる行為」である。

もちろん刑法に逆らうと死刑となる。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「法学」の項目を執筆しています。
この項目「法学」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)