津軽三味線

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

津軽三味線(つがるじゃみせん、つがるしゃみせん)とは、物乞いのために行われる音楽、及び下らないトークの一類型である。その成分は、洋楽に対する劣等感が30%、伝統を称した詐欺が30%、ウソが30%、「津軽三味線のは何の動物でしょうか?」という質問が10%で成り立っている。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「津軽三味線」の項目を執筆しています。

概要[編集]

青森県の三複線非電化路線の鉄道である津軽三味線が有名だが、本稿では音楽詐欺についての側面について述べる。楽器は大振りな太棹を用い、その長さはhydeの身長に匹敵する。撥は速弾きに適した小振りなもので、hydeの身長ほどしかない。音楽は極めてテンポが速く、けんかっ早く、自己満足に終始するのが特徴で、主に低学歴ヤンキーがこれを好んで演奏し、長じてヤクザまがいの風貌となる。現代の若手奏者も、喧嘩無敗を誇る和歌山のヤンキー、その和歌山のヤンキーに敗れるまで無敗だった茨城のヤンキーなどが有名。ヤクザやヤンキーの文化と根を同じくするため、つとに親子関係や兄弟関係を極端に強調する側面が強く、北海道のなんとか兄弟やなんとか親子など、腕よりも絆が売りの場合も多い。

歴史[編集]

江戸中期に沖縄から三線が本土に輸入され、当時のヤンキー(主に盲目)の間で大ブームとなる。新潟のレディース(盲目)が楽曲を独自に改変してさらにヤンキー好みに進化させ、これが津軽のヤンキーにバカウケして津軽三味線となる。当時から低学歴のヤンキーが好む下貶の音楽とされていたため、太宰治つげ義春などの文化人は総じてこれを無視している。戦後「日本のロック」「日本のブルース」「日本のジャズ」と自称するが、実は津軽弁で「ロッグ」「ブルンス」「ザズ」と発音されていたため、結局民謡の一種として認知された。 どんなに頑張っても老人にしかウケないため、演奏側は様々に若者に媚びる工夫をしてきた。昭和40年代はとりあえずジーパンを履いて「ジーパン民謡」、50年代はとりあえず定冠詞をつけて「ザ・津軽三味線」、60年代から平成初期にかけてはローマ字化して「The Tsugaru Shamisen」「The Minyo」、その後はとりあえずドラムスとエレキギターを入れて「ロック三味線」などが主な例である。しかし演奏側は低学歴で英語もできず、他の音楽に対する理解も全くないため、しばしば誤った用法が散見される。 たとえば、山田千里と、二代目山田千里を襲名した渋谷和生は、「二代目山田千里」という名前をダサイと感じてこれを英語化している。最終的に「ザ・セコンド・山田千里」として全国的にお披露目したが、業界は低学歴で英語も解らないため、この名が文法的にも発音的にも誤りであると理解できた者はいなかった。 また、伊藤多喜雄はドラムスとエレキギターが入ればすべて「ロック」であると思っており、しばしば「今、時代はロックだ」と矢沢永吉もビックリな発言をしている。そのバンド活動は、テンポもピッチもバースもきわめて自由奔放な多喜雄の歌にバックバンドがぴったり合わせるという奇跡的なコラボレーションであるが、ドラムスとエレキギターを抜けば普通の民謡と何も変わらない。 かように、津軽三味線とは洋楽と欧米に対する劣等感がなければ語ることができない。

注:アンサイクロペディアは、嘘と出鱈目にまみれています。
以上の文も、以下の文も、嘘と出鱈目が含まれている可能性が多々あります。そんな馬鹿なことがあるわけ・・・え?マジ?

伝統[編集]

上述の通り、滝廉太郎より新しく、いまだ戦後を脱していない津軽三味線というジャンルは、家元の欲望を満たすためしばしば「伝統」という言葉で理論武装する。アムウェイよりも遙かに早い段階でマルチ商法を行っている点は特筆に値する。

  • 師匠が妙齢の女性弟子に手を出すのは伝統である。
  • 弟子が師匠の新車購入代金として莫大な名取料を支払うのは伝統である。
  • 弟子が師匠の遊興費のためノーギャラで働くのは伝統である。
  • 師匠が学生団体を食い物にするのは伝統である。
  • 間違った英語を使うのは伝統である。
  • とりあえずローマ字にするのは伝統である。
  • 若い頃はヤンキーで、中年に達したらヤクザみたいになるのは伝統である。
  • 割と犯罪者が多いのも伝統である。

ちなみに、津軽三味線の世界は業界統一団体が存在しないため、誰でも今から「家元」を名乗ることができる。

関連項目[編集]