津駅

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「津駅」の項目を執筆しています。
「?」と書かれた駅名標

津駅(つえき、?、英語:Z Station、誤訳:Tsu Station)とは、三重県代表駅津市の代表駅、短い駅名の代表駅、近鉄が代表の駅、不便の代名詞、つまりうなぎである。

三重県の代表駅としての津駅[編集]

一応、三重県の代表駅だが代表駅らしいことは少しもやっていない。

三重県で一番豪華な駅は近鉄四日市駅である。交通拠点はJRならJR四日市駅、近鉄なら伊勢中川駅といったところ。他にも、お伊勢参りは伊勢市駅リニアがくるのは亀山駅の予定。じゃあ津駅はなにか?空気です。

津市の代表駅としての津駅[編集]

津市という無駄に広い範囲で見ても、やはり代表駅らしくない。

近鉄は、この駅ではなく南隣の津新町駅が運行系統の境界になっている。また、三重大学に向かう大学生は、北隣の江戸橋駅で降りるので、この駅は通らない。上記の二駅に対し、津駅は非常に地味で、最近地味さにどんどん磨きがかかっている。

もっとも、JRでは、市内の他の駅が検閲により削除なので、それなりに存在感がある。

伊勢鉄道は、そもそも路線自体が(ry

短い駅名の代表駅としての津駅[編集]

「津」のふりがなは「つ」一文字であり、もちろん世界一短い駅名であり、ギネスブックにも載っている。

「「津」のスペルは「Tsu」の三文字だから世界一じゃないじゃないか!」と、いちゃもんをつける人もいるが、そもそも「津」のスペルは「Z」一文字であり、ローマ字で書いても世界一である 。え?駅名標に「Tsu」と書かれていた?そんなこと誰も気にしない

近鉄が代表になっている津駅[編集]

この駅は、近鉄(名古屋線)、JR東海(紀勢本線)、伊勢鉄道(伊勢線)の3社が乗り入れているが、近鉄だけが電化していることもあって、常に近鉄が主導権を握っている。

JR側も近鉄ホームへ向かう通路上の階段に名古屋へはJR快速みえ便利です」と一段おきに書くという、非常に姑息な手段を使って対抗しているが、近鉄には相手にもされていない。

このように近鉄とJRが……ん?誰か忘れているような……

一度大雪のため、雪合戦をしたかった近鉄は津駅を封鎖するという横暴に走った。このため津市は大パニックを起こし発狂する者までいた。しかし駅員や乗務員を雪合戦に投入し数時間遊んでいた近鉄を前にしても、津市民は抵抗できなかった。

関連項目[編集]