流体カレー学

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
出典: 八百科事典アンサイクロペディア(大丈夫、本当の項目名は流体力学だから。君は間違っていないよ。

流体カレー学、略称流体力学とはカレーをよりおいしく作る方法を基礎方程式に基づいて研究する学問である。

概要[編集]

カレー中のじゃがいもの流体力学的モデル。後方にじゃがいもが溶けていることが分かる。

流体力学においては、カレーは「カ」と略称されることがしばしばあり、流体力学の名称の由来ともなっている。名称の通り、流体力学的考察の対象となるのは液体状のカレーのみであり、ドライカレーやキーマカレーは個体力学の研究対象である。近年ではその構造的類似から、人糞への流体力学の応用の可能性が論じられ、新たな研究領域となりつつある。

流体力学においては、各スパイスに0≦r(n)≦1なるパラメータr(1),r(2),…を設定し、n次元ベクトル{r(n)}を解析することで食材に応じた最適なスパイスを算出することができる。r(0)=tomatoとしてr(0)を導入すると、流体ハヤシライス学の領域に移行する。

基本となる公理[編集]

流体力学の基本的な公理としては、以下の3つが挙げられる。

(1)ライスカレーではなくカレーライスである。

(2)カレーにソースをかけるのは邪道である。

(3)カレーに福神漬をいれるとおいしさが2倍になる。

このうち公理(3)がもっとも強い公理であり、ここから下記の諸法則が導かれる。公理(2)については、ソースをかけた場合の理論の構築も研究されている。

諸法則[編集]

流体力学的に理想状態にあるカレー

流体力学の基礎方程式の一つに、下記のオイラー方程式がある。

ここでvはジャガイモの平均移動速度、tは玉ねぎの数、rはスパイスの比率、ρは肉の種類を表す変数(=0,=1,=2)、fは君のカーチャン愛人の人数である。この式は、カーチャンの状態から今晩のカレーの状態を導く非常に重要な式である。たとえば、カーチャン愛人の人数と肉の高級さには反比例の関係がみられるが、これは愛人が少ないことがトーチャンとの関係の円滑さに関係するからである。よって日付tに両親の寝室から喘ぎ声が聞こえた場合、t+1日後の夕飯はビーフカレーであると結論できる。

さらに重要な式として

がある。Fはカレーのおいしさ、μは粘度、Aは肉の数、Uはの体積、hは火力を表す変数、tはカレー作成後の経過時間である。この式をtで微分すると t=2のとき極大値をとり、ここから「カレーは2日目が一番うまい」という基本定理が導かれる。

外食チェーンのカレーのおいしさを比較する指標としてレイノルズ数がある。

ここでLはスパイスの数、νは価格である。レイノルズ数は-10から10の値をとることが知られている。かつては右辺にさらにカレー項と呼ばれる定数項がアレレー・バーによって導入されていた。これはココ壱でいう1辛から10辛に対応する定数項であるが、のちに李葡鶏によって「辛いからってうまいわけじゃない」というリーの法則(Lee's Law)が発見されたことにより、この定数項は消去された(この功績により李はノーベル物理学賞を受賞)。バーはこのカレー項について後に「私の生涯でもっとも辛い過ち」と語っている。


以下にレイノルズ数の例を示す。

店名 レイノルズ数
中村屋 9.2
ココ壱 6.4
松屋 -8.3

応用[編集]

艦船を設計する際には、流体力学に基づいたモデリングが不可欠である。これは、海軍関係者(海自含む)が10時間に一回カレーを摂取しないと衰弱死してしまうという事実に基づいている。特に戦艦を造る際には、カレー原料の搬入経路および、厨房から食堂までのカレーを迅速に運搬できる経路の確保が致命的な問題となることもある。実際に、太平洋戦争後期に沈没した帝国海軍の軍艦の多くは、カレーを無視した無理な改造が沈没の遠因となったとさえいわれる。


関連項目[編集]


Dish.png この流体力学は、まだ火が通っておらず、生焼け状態です。このまま食べるとお腹を壊します。あなたがしっかりと火を通して下さい。でも、どこかのどじっ子のように、塩と砂糖を間違えてはいけませんよ。 (Portal:スタブ)