ジュニアアンパンマンコスプレ選手権

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
出典: 八百科事典アンサイクロペディア(大丈夫、本当の項目名は流行性耳下腺炎だから。君は間違っていないよ。

ジュニアアンパンマンコスプレ選手権(-せんしゅけん,Junior Anpanman Costume play Championship,JACC)は、冬から春にかけて主に幼稚園から小学校4年生までを中心としたコスチュームプレイ大会である。項目は餡子のヒーロー・アンパンマンのみと決まっている。

概要[編集]

参加者。とても本格的である。

日本人のほとんどが幼い頃にこのジュニアアンパンマンコスプレ選手権に参加したことがあるといい、今や日本を代表する大会となっている。項目の『アンパンマン』は、子どもたちが良く知っていてコスプレしやすいという理由によるものであり、それ以上でも以下でもない。冬になると小児科で[1]兄弟そろってコスプレをしていると言う家族も珍しくなく、それだけ家庭にも浸透していると考えられる。優勝者には学校に1週間程度行かなくても良いという特権が送られることから、参加者はみな必死で勝利を狙いに行くのである。基本的には一生に一度しか参加することが出来ず、当日にはそのプレッシャーによって棄権する者も現われるなど子どもたちにはずいぶん過酷なものとなっている。そのぶん優勝してからの休みはとても有意義なものになるであろう。この大会は太古より存在していたと考えられるが、1967年医師に相談できるようになったことから本格化し、近年では3000人もの参加登録がある。発展途上国でも大会自体は一応行われているものの、医師にコンディションなどを整えてもらうことが出来ないため社会問題にまで発展している。日本では3年おきに『大ジュニアアンパンマンコスプレ大会』が開催されるため、その時には参加人口が通常よりも増えることが多い。

ルール[編集]

参加条件[編集]

  1. 今までにジュニアアンパンマンコスプレ選手権に参加したことのない者(一度参加すれば参加権が剥奪されるが、あっちの手違いによって幾度か参加することも可能である)。
  2. 「ジュニア」とある事から対象は小学4年生(10歳程度)までである。それ以上の年齢の者は体格によるハンディとして膵臓や大腸に『合併症』という重荷を載せる。よって、とりあえず年齢制限と言う物は無い。ただ、8割以上の参加者が属に言う子どもであるため周りから少し白い目で見られることとなるかも知れない。

参加方法[編集]

  • 参加者は手続きを取った後、送られる空気によって体内にマンモスウイルス(登録証明書のような物)を取り込み、2週間~3週間待つ。
  • 基本的に日本人のほとんど全員が参加するが、経済的な事情などから辞退する場合は少量のマンモスウイルスを腕から取り込み、辞退手続きを済ます。呼び止められた場合は腕を翳せば大丈夫である。ただし、少量のマンモスウイルスを腕から体内に取り組んだ場合でもあっちの手違いによって参加を余儀なくされる場合が稀にあるため、そこは注意しなくてはならない。
  • 2~3週間経つと、コスプレ可能期間というものが1週間弱与えられるため、ここで家族総出でアンパンマンのコスプレをする。いつコスプレ可能期間が与えられたのかということは体のマンモスウイルスが熱を発して教えてくれるため、心配はしなくても良い。コスプレは主に頬っぺたが中心である。このコスプレ可能期間にかかりつけの小児科に行ってコンディションを見てもらう参加者が多い。採血をして『アミラーゼ』というものが良く出ていればコスプレは上々だとされている。この時に小学4年生以上の参加者には重荷が載せられる。そのため、年長参加者はコスプレ可能期間が8日間程与えられる。
  • コスプレが完了すれば、後は会場へ行き自己アピールをするのみである。
  • 審査はアンパンマンに成り切れているか、愛は感じられるかなどを見られる。優勝できる可能性はほとんどないが、学校を休むためみな必死である。
  • 大会後、コスプレを落とすのに数日かかるため学校には行けず、参加するだけでも至福の一時が感じられるのである。なお、コスプレを落とす際には水分を十二分に取るように。

脚注[編集]

  1. ^ 無論、どうすれば優勝できるか医師に相談しているのである。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「流行性耳下腺炎」の項目を執筆しています。


Upsidedownmainpage.jpg 執筆コンテスト
本項は第18回執筆コンテストに出品されました。