浅間山

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

浅間山(あさまやま・あさいあいだのやま)は、古代からが統治・監督している日本のひとつ。非常に危険な山だが、その危険さゆえに一部の自殺志願者にとっては馴染み深い山のひとつである。

概要[編集]

地理的には、スキー場で有名な軽井沢町長野県)と、キャベツ場で有名な嬬恋村群馬県)の間に位置している。標高は2568m。日本の山の中で高いほうなのは確かだが、やはりこの山の特筆すべき点は、毎年のように激しい噴火を繰り返していることであろう。ゆえに、自殺の名所としても知られている。

自殺界においても日本一有名な山である富士山(3776m)も危険ではあるが、富士山の管轄は天狗であり、鬼の管轄下である浅間山とは危険の方向性が違っている。(富士山の特筆すべき点は日本一の標高、ゴミの多さ、青木ヶ原樹海の存在、等である)

安全対策[編集]

この山は非常に噴火しやすい山なので、そのための安全対策が施されている。例として、

  • 古人も多く登山しており、その安全性の実証に役立てようとしていた。
  • 「浅間山頂上」の標識が前掛山に立っている。
    • これは、浅間山の火口付近が危険なため、管轄である鬼・または特務機関ネルフが立てたものとされている。
  • 登山路の途中に避難小屋がある。
  • 同じく道中にはサイレン機も存在する。まわすと音が鳴り、周囲に危険を知らせることができる。
  • 群馬側には鬼押出といわれる道路がある。
    • ここには多くの料金所が存在し、登山事故を減らすのに一役買っている。
  • 長野県側には国道18号があり、その看板の表記は「R-18」である。
    • これは、未成年の登山者を減らす努力の一環である。

などがある。これらの施策が功を奏し、近年では一部の写真家なども訪れる場所となりつつある。

問題点[編集]

しかし、自殺大国ニッポンにおいてそのような安全対策が効果を発揮しているとは言いがたい、というのが現状である。 その原因についていくつかの意見が存在するといえる。

  • 第一に、噴火が起こりやすいということ自体がそもそも問題である。
  • 多く登山した古人は全員登山したが、その全員が下山したとは伝わっていない。
  • 「浅間山頂上」の看板が立っているのは頂上ではない。中腹に頂上の看板が立っているのだ。
    • つまり、多くの人はこれを子供だましだと思っている。
  • 道中の避難小屋は(2011年現在)壊れており[要出典]、役に立っていない。しかも壊れた原因は噴火。
  • 道中のサイレンに市民が反応するとは限らない。彼らはすでに、サイレンをいたずらだと思っている
  • 鬼押出には木がほとんどないため、噴火が起こったときにはより多くの被害を受ける。
    • しかもそんな危険な場所に、料金所を使って登山者をせき止めている。
  • 更に、鬼押出は、鬼が多く出るという恐ろしい噂がある。
    • 専ら鬼は岩壁から転げ落ちて耐久力を鍛えているという。
      • これは明らかな監督行為の不備であるが、未だに訴訟が成立した例はない。
  • 国道18号線の看板は、むしろ好奇心旺盛な未成年者を多く集客してしまっている。

などである。よって、多くの自殺志願者がこの山への登山を試みるのである。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「浅間山」の項目を執筆しています。

外部リンク[編集]