浦和駅

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
うるさい! うるさい! うるさい!
湘南新宿ラインの通過 について、うな子ちゃん
「この駅、ホームラン級の大バカだな!」
浦和駅 について、大和龍門
「誠に遺憾である」
浦和駅 について、彩の国さいたま
ダンジョンの西側出口。左下のあたりに入り口がある。奥はパルコ
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「浦和駅」の項目を執筆しています。

浦和駅(うらわえき)は、彩の国さいたまの中心部浦和を守護するために設置されているダンジョンである。

概要[編集]

彩の国さいたまの中心は言うまでもなく浦和であり断じて大宮ではなく、浦和はさいたまの聖地として選ばれた浦和民以外(特に大宮人)は入ることを厳しく禁じられている。古くは関所を設置して通行を規制していたが、浦和に鉄道が通る際、列車で来た部外者が簡単に侵入できないようダンジョンを設置することになった。その後一世紀の間ダンジョンは徐々に拡張され、現在の浦和駅はかなり複雑になっており、初見では浦和駅から脱出できないことが多い。

構造[編集]

浦和駅内部の様子。カオス具合がよく分かる。もちろん今はこれとは全く違った景色になっている。

地上二階地下一階の三層構造で、内部は複雑な迷路によって結ばれている。入り口は全部で三箇所あり、に二つ、西に一つあるが、一部の入り口は特定の時間にしか開かないので注意が必要である。近年ではよりクリアを難しくするために常に工事で通路の構造を組み替える作業が行われており、常に形は変わっていると思った方が良い。一度クリアした経験がある者も今行ってクリアできるとは限らない。油断してかかるとダンジョン内で野垂れ死にである。

また、運良く出られたとしても安心はできない。上述の通り浦和駅の出口は東西に開いている。県庁裁判所伊勢丹など浦和の主な施設は西口に集中しており、多くの人が目指すのは西口であるが、部外者が勝手に浦和の中止部である西口に侵入できないよう適当に歩いていると東口に出てしまうようになっているのだ。東口は長いこと人気の無い原野が広がっているだけだったので、目の前に広がる草原を前に唖然とするチャレンジャーが続出していた。最近はパルコとかができて東口も賑やかになったものの、賑やかになったら今度は西口と間違えたことに気づかず県庁を探して東口を迷うチャレンジャーが続出しているというもっぱらの話である。誤った出口に出た場合、反対側へ向かうには130円の入場料を払って再びダンジョンに挑戦するか、または大きくダンジョンを迂回する必要があり、しかしその迂回路も相当複雑なのでいずれにせよ二度手間となり悲惨である。

中心部につながる西口の出口を出た所には「うな子ちゃん」という、おにぎりの頭を持つうなぎの石像が鎮座しており、常に行き交う人々を観察し、浦和に敵対するものを発見すれば手に持った団扇で強烈な旋風を巻き起こしてダンジョン内へと送り返してしまう。また初回クリア時にはうな子ちゃんの尋問を受け、合格しなければ即刻ダンジョン内へ送り返される。うな子ちゃんは浦和を守護するスフィンクスの役目を果たしているといえる。

攻略上の注意[編集]

  • ダンジョン内には売店が無く食料調達ができない。そのため十分な食料を用意した上で挑戦するのが望ましい。
  • 一般的に言って、人の流れが多い方に沿っていけば西口に出る。しかし最近は東口の発展によりあまり差がなくなりつつあり、あまりアテにならない。
  • 地元の人や駅員に道を尋ねても無駄である。地元の人が簡単にクリアできるのは長年の勘であって、複雑なダンジョンの道筋を言葉で説明するなど通常の人間には不可能であるし、また言われた方も理解できない。
  • ただし、運良く自分と同じ方向へ行く人を探し出せたら案内してくれる場合もある。
  • その際、ほぼ間違いなく出身を聞かれるが、間違っても「大宮から来ました」などと言ってはいけない。言った途端に相手はあなたを冷たく一瞥して去ってしまうであろう。なお、出身は川口市にしておくのが無難である。「俺は大宮市民だぞ! 川口出身などと言えるかってんだ!」という大宮原理主義者は伊勢丹に来る必要など無いので大宮そごうにでも行ってください。ここは浦和だ

挑戦者の証言[編集]

浦和駅はさらに複雑になり、宇都宮線・高崎線ホームの方も迷宮になっていたことがあった。

ここでは過去に挑戦したチャレンジャーたちの貴重な証言を一部紹介するので各自攻略に活用してほしい。ただし、前述のように構造が日々変化しているのでこの話がそのまま通用するとは思わない方が良い。

恵比寿憲二さん(仮名)の場合
「僕は蕨市に住んでいて、京浜東北線で東京の学校に通っています。ある日の夕方、部活で疲れた僕は車内で眠ってしまったんです。起きたときには浦和駅でした。僕は慌てて降りて反対方向の電車に乗ろうと思いました。でも反対方向のホームが無いんです。あたりを見回しましたが、ホームが一本しかありません。仕方ないので次の電車で大宮まで行って折り返しました。あんな不思議な駅は初めてです。」
佐藤由美さん(仮名)の場合
「私は大宮に住んでいて大宮の高校へ通っています。私が高校二年のとき、浦和駅前にできたパルコにおいしいアイスクリーム屋さん(現在は閉店)があると聞いて友達と放課後行ってみることにしました。浦和駅で電車を降りると、駅は迷路のようで迷ってしまいました。やっと改札にたどり着いた時には外は暗くなっていました。改札を出るとおにぎりの人形がたっていました。おにぎりの人形に『パルコはどこですか?』と聞くと、『どこから来ましたか?』と聞かれたので、『大宮です』と言うと、突然おにぎりの表情が険悪になって『大宮人はアルシェで我慢汁』と言われました。同時に猛烈な風が起こって、気づくと私たちは大宮駅の西口にいました。それ以来浦和へは行っていません。」
高橋なつみさん(仮名)の場合
「私は上尾に住んでいて、浦和の高校に通っています。入学して一ヶ月たったころ、いつもより早起きしてしまったので一本早い電車に乗りました。でも電車は何故か浦和を通過してしまったんです。私、そのときは湘南新宿ラインが浦和に停まらないのを知らなかったんです。何が起こったのかわからず、とりあえず赤羽で降りて困っていると、知らない女の人が『浦和に行くなら隣の4番線の電車に乗りなさい』と教えてくれました。今思えばあの人も浦和の人で、私の制服で事情が分かったんだと思います。浦和まで戻って、時間がいつもより早かったので学校には何とか間に合いました。その日の部活で『浦和って県庁所在地なのに湘南新宿ライン停まらないんですね』と言うと、先輩たちに一斉に睨まれました。部活が終わったあとで、ペアを組んでいる先輩が『その話はタブーだから絶対に言っちゃダメ。今回は入学したばっかりだし見逃してくれるだろうけど、次はどうなるかわかんないからね』と教えてくれました。そのときは『変なの』って思いましたけど、そんな私も、今年入ってきた一年生が『浦和に快速停まらないって本当ですか?』と言ったときは思わず睨んじゃって、人間って怖いですね。学校ではみんな「川を渡る」とか「川の悲劇」っていうんですよ。あ、一応言っときますけど、快速が通過していたのはもう何十年も前の話ですから。」
吉村光孝さん(仮名)の場合
「私は、友人達と週に3回ほど『リアルサドンアタック』をして楽しんでいるんですが、スナにはもってこいのマップなんです。ここでする初心者狩りは本当に最高で、もう出ちゃいそうです。」
  • そのほか、JR東日本の運転手の間では「湘南新宿ラインで浦和を通過するとき、『停まってくれ』という叫びが聞こえたような気がするときがある」という都市伝説が広がっており、快速通過時代から蓄積し続けている浦和民の生霊だと言われている。これ以上の霊気の強まりは危険だと判断したさいたま市JR東日本は浦和駅に湘南新宿ラインを止めるべく大工事を行った。2013年3月16日のダイヤ改正で浦和市民念願の湘南新宿ライン停車が実現した。

アクセス[編集]

ダンジョンに挑戦するものは以下の鉄道路線の浦和駅で下車すること。

その他[編集]

  • 浦和駅周辺には東口西口を問わず、娯楽施設といえるようなものがパチンコを除いて一切無い。風俗店・ラブホテルはもとより、ゲームセンターなどの娯楽施設が一切無い。これはそのような汚らわしいものは大宮にだけあればよく、聖地である浦和にそのような不浄なものは要らないという浦和民の伝統である。
  • またファーストフード店も東口と西口をちょっと行ったところに小さなミスタードーナツがあるくらいで、マクドナルドやファーストキッチンが林立している大宮とは全く異なる。これも上記と同じ理由による。コンビニは一応、東口にファミリーマート、西口にはニューデイズがある。
  • 一方で本屋の数は県内屈指で、東口にはパルコの中にある紀伊国屋、西口には須原屋があり、どちらもかなり広い売り場面積である。西口に須原屋が2店舗もあるのに新しく東口に紀伊国屋が入り、しかも両方それなりに混んでいるところが文教都市浦和に住む市民の教養の高さを物語っている。
  • 教養の高さというか、お堅いだけというのは言うまでもない
  • また浦和駅は全国でも珍しく、風水に基づいた東西南北の各浦和に加えて武蔵浦和中浦和といった数多くの子ダンジョンを併設していることでも有名で、テレビにも取り上げられたほどである。ただし、浦和美園駅はちょっと異なる。
  • このように一世紀にわたりダンジョンとして浦和を守護してきた浦和駅も、近年の宿敵大宮との合併以降、台頭する汎さいたま主義者によってその不便さが強調されるようになり、16.7hyde幅の東西連絡通路を持つシンプルな高架駅へと改造された。浦和民も、湘南新宿ラインが止まるようになることからまんざらでもないと思っている人が多い。

併設されたダンジョン[編集]

  • 北浦和公園0 北浦和駅のすぐ隣にある。駅は無いが北浦和公園の音楽噴水の下に武蔵野貨物線が通っているため、静かな時には貨物の音が聞こえて少し怖い。
  • 中浦和駅0 を名乗っているくせに埼京線各駅停車しか止まらないため、イマイチ存在感が薄い。浦和の中心街は離れており、路線バスによって結ばれている他、駅から望むことも可能。だがその件は検閲により削除
  • 外浦和駅0 多分ないが、これだけ兄弟が多いとありそうで困る。
  • 浦和美園駅0 かなりの僻地。埼玉スタジアム最寄り駅だが何故か1.2kmも離れている。もっと近くに作れなかったのかと関係者を小一時間問い詰めたい。
  • 与野駅0 与野にあると思ったら大間違い。名前は与野、体は浦和、京浜東北線与野駅。
  • 發浦和駅0 武蔵浦和駅を代わりに使う事で東南西北白發中が揃う。
  • 浦和貨物駅0 昔はあったらしい。今はさくら草通りになっている。
  • 外環浦和駅0 高速道路。こちらも相当に分かりにくい。
  • 浦和競馬場駅0 無い。競馬場へは国際興業バスをご利用ください。
  • 駒場サッカー場駅0 これも無い。サッカー場へは国(以下略)
  • 調神社0 月宮神社ではない。萌え要素なんぞあるわけないでしょう。そういうのは鷲宮へ行きなさい。浦和駅近くにあるダンジョン。ボスはウサギである。
  • 埼玉県立浦和高等学校0 京浜東北線北浦和駅と、宇都宮線古河駅の約52km間を強歩で乗り換えを行う集団。



Stop crap.png クソ記事に注意!!
この記事はクソです。筆者自身がそれを認めます。