海開き

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
IeX.jpg
危険
この項目は未成年者の閲覧に相応しくないので、未成年者は親に見つからないようにしてください。
見つかった場合の責任は一切負いません。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「海開き」の項目を執筆しています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「海開き」の記事を執筆しています。

海開き(うみびら- 英:Sex on The beach)とは、青姦の一種で浜辺や砂浜などでセックス又はそれに類する行為に及ぶ事を言う。

概要[編集]

海と言えばセックス、という時代。

日本において海浜レジャーが行楽の定番となったのは、第二次世界大戦の復興期を過ぎた辺りからだと言われている[要出典]。戦前戦中の「産めよ増やせよ」という多産奨励と戦後進駐軍によって急速に先進医療が持ち込まれた結果、1960年代辺り[1]の日本には佃煮にする程子供が溢れ返り、手近かつ安価な遊び場所として海辺が重宝された事に由来しており、それまでは漁師や製塩業者による「仕事の場所」という認識が強かったとされている。

しかしそういった場所は、いつの時代も思春期の若者にとっては「大人の目が届かない隠れ場所」と為りやすい。そういった場所で若者がすると言えば酒やタバコ[2]、そしてセックスくらいしか無い。彼ら彼女らは大人の目を逃れて日が落ちた浜辺やシーズンオフで使われていない海女小屋等をセックスの場所として使う際、万が一にも大人にバレないように隠語として「海開き」と呼びあったのである。

語源[編集]

海というのはもちろんロケーションに依るものであり、加えて「」「濡れる」などの性的イメージを含む。更に海という言葉は、万国共通で女性や女性器を意味する隠語にも使われている[要出典]。また「開く」という言葉にセックスの意味合いを含めるのは、女性器を秘仏に見立てた「観音開き」「御開帳」のように日本語に古くからある表現で、欧米でも20世紀初頭から流行していた表現である[3]

日本ではいわゆる正常位でのセックスが古くから非常に多く[4]、その際に脚を拡げる様を表して「開く」となった。同様の表現に「割る」もあるが、海が割れるという表現は海難事故や津波を想像させる為、近代以降の日本ではあまり用いられない[5]

問題点[編集]

砂浜でセックスを行う場合、問題となるのは砂害である。砂地に直に寝かせた場合、背中に食い込んで下になった側が傷を負う可能性が高い。レジャーシートを敷いた場合も海風もあって肌に砂が貼り付き、また内に砂が入り込む事もある為不衛生になりやすい。海女小屋や漁師小屋を拝借する場合は砂を気にする必要はないものの、基本的に未使用シーズンは最低限の家具さえ置かないのでコンクリートの床でのセックスになってしまう[6]

そもそもの問題として1970年代を過ぎると、住環境や地域共同体に関する意識が劇的に進歩していったのが海開きにとっては向かい風となった。浜辺と言えど街灯が煌々と灯り夜間の逢い引きには不向きな環境となり、また施設の無断使用を「若気の至り」として許してもらえるケースが殆ど無くなったのである。それにより海開きは急速に廃れたが、若者たちは中高生のうちから個室を持つのが当たり前になり小遣いも月数万ペースで貰えるように時代は変化していった。それにより彼ら彼女らは、砂浜や粗末な小屋ではなくお互いの部屋やラブホテルなどでセックスに興じるようになったのである。

脚注[編集]

  1. ^ 「もはや戦後ではない」という言葉が流行した時代。
  2. ^ かつて合宿場など学生が課外活動で集う場所と言えば、コッソリと大人の真似をして酒やタバコを楽しむと相場が決まっていた。とは言え彼ら彼女らが飲めるのは水のように薄い水割り程度であり、またタバコも肺まで入れず口先で吹かして格好だけ付けるのが常だったが。
  3. ^ より詳しく言うと、欧米では処女を奪う事を指す場合が多い。スティーブン・キングの青春小説「スタンド・バイ・ミー」でも青年期の回想で、母親がシーツに血が付いているのを指摘した際「俺がここで、彼女を開いたんだ」と言い捨てるシーンがある。
  4. ^ 古事記において、イザナギはセキレイにイザナミを「アオムケテ(=仰向け)」するセックスを教わっており、これが「正常」として伝わった。江戸時代の春画に後背位が多いのは、これが「理にそぐわない」「よろしくない」背徳的なモノとして扱われた事で好奇者に好まれた為。
  5. ^ 言葉としては「新鉢を割る」などがあるものの古典的な表現であり、明治を過ぎると殆どの文献に登場しなくなる。
  6. ^ そしてもちろん不法侵入にもなる。

関連項目[編集]

この項目「海開き」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)