涼宮ハルヒの驚愕

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

涼宮ハルヒの驚愕(すずみや - きょうがく)とは、ライトノベル作品「涼宮ハルヒシリーズ」の第9巻発売後から第10巻発売前日までの2ヶ月間が永久に繰り返されるという、現在進行形で現実世界に起こっている超常現象のことである。


スポイラー
スポイラー

警告:以下の文章にはネタバレ、いわゆるスポイラーが含まれています。これにより記事はより空気力学的に洗練され、その結果としてより高速で疾走できるようになります。

もしあなたが、セブルス・スネイプは二重スパイであり裏切っていないことや、親戚一同が会した遺言状公開の席にいた犬神佐清は実は別人だったことや、アンチスパイラルはスパイラルネメシスから宇宙を救おうとした螺旋族の成れの果てであることや、南斗最後の将は慈母星のユリアであることや、力石が試合直後に死亡してしまうことや、ジューダスの正体は前作で死んだリオン・マグナスであることや、ダラーズの創始者は竜ヶ峰帝人であることや、ディケイドは狂言回しでしかなく「ディケイドの物語」は存在しないことや、吾輩」は偉そうな事言った挙句に酔っ払って溺れ死ぬことや、ウィキペディアアンサイクロペディアのパロディであることを知らないのであれば、充分注意して、救急箱を手放さないようにしてください。

概要[編集]

この人が原因で第10巻の発売日が来ないとされているが真相は不明。

この現象はである涼宮ハルヒですら驚愕するような事態であり、日本はおろか世界中で人々が不安を感じている。この超常現象をおこしているのは日本のライトノベル作家「谷川流」であるという説が有力だが、角川書店の一同が結託して起こしているとも言われ、意見は分断している。
原因として考えられることは次のことをはじめ様々である。

  • 谷川流が書こうとしていたネタを同人で書かれてしまった怒りにより、時空が歪曲して切り取られた。
  • 谷川流が自己設定について矛盾を起こし、長門有希のようなエラーを起こした。もしくは第9巻最後の長門の病が移ってエラーを起こした。
  • 角川書店がハルヒファンを煽るために発売日の前日までのループを作った。
  • 第9巻の発表が引き金となり、第10巻が予定通り出版された世界、延期して出版する世界、永久に出版されない世界に分裂してしまった。
  • これまでの度重なる情報操作により時間をつかさどるポケモンディアルガがこんらん状態になり、時間の流れも変化してしまった。
  • 閉鎖空間が拡大し、機関の力でも抑えきれず、現実世界と入れ替わってしまった。
  • TFEI端末がいっせいにエラーを起こし、消失のように世界が再構築されてしまった。
  • 禁則事項です
  • その他……お察し下さい

現実世界における影響[編集]

前代未聞の珍事。

時間軸が切り取られた空間がこの世界の広義の部分空間であるためハルヒファン以外への影響は日常レベルではほとんど見られないとされている。しかし、過度のハルヒファンの中には記憶障害やその他の精神異常を訴えたりする者もおり、早急な対策が求められている。それにもかかわらずこの現象はついに2年もの間放置されることになった。これにより谷川流角川書店に反感を覚える者も増えてきたが、相変わらずハルヒファンの勢いは世界中で広まる一方であり、専門家はこの現象による脳の異常が原因であるとしている。
実際、現象の開始時から100万部以上原作小説が売れている。 また、この事件に関して涼宮ハルヒエクストリーム・謝罪をするという前代未聞の珍事が発生している。 更には2009年に発生した無限ループ事件も驚愕発売延期と何らかの関係があると一部の専門家が唱えているが現在責任者である角川は事件に関する一切のコメント及び謝罪も無いため反感は京アニを巻き込んでひたすら肥大化している。

物語世界における影響[編集]

物語世界での最大の問題点は、長門有希が倒れたまま2年間も苦しみ続けている』という点である。これは公式看病記記している人をはじめとする全国数百万の長門の婿にとっては許せないものである。しかし、無限ループ事件が発生し、ほぼ同じ映像が8週間流された際に古泉一樹氏は、「ループが始めに戻ると記憶や身体的変化がリセットされる」などの内容をコメントしており、長門有希個人への身体的影響はないものと思われる。それでも、長門の苦しみは続いてんだから許せねぇよなあ!! また、涼宮ハルヒの分裂現象も収まらず事態は悪化の一途をたどっていた。

解除方法[編集]

この現象を終わらせた原因としては、涼宮ハルヒシリーズの10巻が発売された事が大きい。また、この現象を利用して涼宮ハルヒシリーズのさらなる知名度の増大を図っていたと言われている。

一言[編集]

早く驚愕出版して下さい。お願い
しかしついに4月30日発売のザ・スニーカーに[1]先行掲載されるらしい。
現在ネット上では
マジかよ糞箱売ってくる
「涼宮ハルヒシリーズはもうちょっとだけ続くぞい」
イクササイズのおかげで涼宮ハルヒの驚愕の発売が現実のものとなりました!!
「んなわけない。それでは、いったん休筆です」
「涼宮ハルヒシリーズは滅びぬ。何度でも甦るさ!」
「満足させてくれよ!」
「お姉様、愛しています」
延期しちゃダメだ延期しちゃダメだ延期しちゃダメだ
・<<よう相棒、まだ読んでるか?>>
長門はもう三年も病気のままだぞ
「おい、早く出版しろよ」
「じゃ、死んで」

などの声があがっている。

2010年上半期の展開[編集]

全国のハルヒファンのみなさん、大変お待たせいたしました!!

ついに4月30日発売のザ・スニーカー6月号にて先行掲載され、同時に2010年度内の単行本化が発表された。

単行本化されると、この現象は終了するものと思われる。

仮に終了した場合、

  • 長門が病気状態から完全復活する

といったことが発生すると思われる。

その後の展開[編集]

……しかしながら、その後半年の間音沙汰なし。更に10月に入って明らかになったスニーカー文庫12月刊行予定には驚愕の存在は無し。

これに関しては「2010年という言葉の解釈を変えることで2011年3月までの期間を2010年へと吸収した」という説もあるが、依然として繰り返されるループに終わりは見えない。



が、突如発売日がついについに発表され2011年5月25日15カ国同時発売&前後編に分裂して同時発売が決定した。これは驚愕である。・・・あれ年内は?

その後の展開2[編集]

2010年12月発売のザ・スニーカー2011年2月号にて発売日が発表された。2011年5月25日とのこと。こんどはちゃんとしてくれよ……? この時点で、新たに無限ループが発生することなど知る由もなった。

ついに発売[編集]

5月25日ついに発売!まあ面白いけど4年も待つ内容出ないよねーと自称ラノベ評論家は言うけど

朝倉復活してたり、九曜と谷口が付き合ってたり、古泉が機関のリーダーだったり、橘が空気だったり、藤原の姉ちゃんがみくるだったり

キョンとハルヒは大学生でも一緒にいたり、キョンがハルヒに夜這いかけたり、国木田が北高にいる理由は鶴屋さんがいるからだったり、ヤスミが可愛いぐらいだからね!

面白くないかもよ!

関連項目[編集]