淫乱

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「淫乱」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「淫乱」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「淫乱」の記事を執筆しています。

淫乱(いんらん)とは、心の枷を外し思いのままに生きる奔放で素直な生きざまの一つである。

概要[編集]

人間は多くの「常識/良識」に阻まれ、日々自らを抑制しながら過ごしてる[要出典]。そんな生き方を嫌い、本能のままに異性(或いは同性や器物を含む場合もある)を求め享楽に耽り、人として生まれた事に感謝しながら悦楽の日々を送るのが「淫乱」という生き方である。思いのままに生きることを望む人々が掲げた「七つの美徳」の中でも「情欲」を解放することに拘ったもので、主に女性に対して用いる。

七つの美徳は「情欲」の他にも「嫉妬」「強欲」「傲慢」「怠惰」「憤怒」「暴食」があるが、どれもうわべの常識を否定しありのままの私を肯定する為のものである。素晴らしいものを見て羨むのは当然だし、欲しいものがあるから頑張れる。自分に誇りを持って振る舞う姿は美しく、しかし時には余裕を持って休んでみるのも大切[1]。怒りを腹にためず素直に放ち、そして怒ってカロリーを使ったらいっぱい食べよう。そういう事である。

淫乱はそれと同じく、年頃を迎えた女性が自分のにある熱を発散することで生きる活力を高めて輝く人生を送るためにも推奨されるべきものだが、社会の常識に囚われた層には眉をしかめられることも多い。そういう場合は「女が淫乱でなにが悪い、そうでなければ人口減る一方だ」と食って掛かるのもまた良いだろう。

歴史の中の淫乱[編集]

淫乱は活力ある女性を表現する言葉として好まれ、神話や伝説・逸話の中でも多数使われてきた。例えばギリシャ神話の大地女神ガイアは自分の息子のムスコでさえ迎え入れるし、男神から足にブッカケられたアテナが「うわ、キンモー☆」と拭った精液を自らの内に迎え入れて妊娠するなどその淫乱さは凄まじいの一語である。

またエリザベート・バートリー百合リョナという特殊性癖を持ち、多くのメイドを抱いたりアレしたりしまくった挙げ句同性愛を禁ずるバチカンから処罰されている。淫乱が社会の常識から阻害されているという好例であろう。西太后クレオパトラなども淫乱として知られ、彼女らを指して「余りに魅力的過ぎて世を乱す」と「世界有数の悪女」と読んだりもする。

淫乱の弊害[編集]

淫乱さを職務に活用する例。

淫乱に過ごす事は確かに己を解放しストレスを打ち消す有効な手段だが、デメリットも勿論存在する。上にも出した社会的な偏見と共に、不特定多数とセックスしまくることで性病のリスクあるし女性の身体構造的な問題もある。即ち望まない妊娠である。

それにより人生の選択肢が狭まりストレスが溜まり、それを振り払おうと淫乱に耽ることで更に妊娠し…という悪循環も多く見られる。また堕胎により子宮周辺に深い後遺症を残してしまうケースもある。こちらはそもそも生命の価値を無視した行為であり、淫乱が白眼視される要因にも為りうる。

本人はともかく周囲へのダメージも大きい[2]ので、可能であれば一線を越えないレベルの淫乱に留めておくべきだろう。

脚注[編集]

  1. ^ それを蔑ろにしているせいで、日本人は奴隷労働を尊ぶいうになってしまったのである。休みを怠惰に過ごせないのは間違っている。
  2. ^ 子供の世話を押し付けられたり、コインロッカーに捨てられたり。

関連項目[編集]