清正奈緒子

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

清正奈緒子(せいしょう なおこ)は日本のアイドル神奈川県出身。

概要[編集]

1996年に同じ事務所の先輩小野小町のバーターでこちら葛飾区亀有公園前派出所に初回から出演。2回から6回公演では脚本家のミスのより小町と名前を間違えて覚えられており「小町」と呼ばれていたが、それに切れた本物の小町がてめぇ名前もろくに覚えられねぇのかと脚本家に殴りかかったため8回目公演からちゃんと元の名前に戻された。

当初は劇中の小町と奈緒子は普段の通り先輩・後輩の関係だったが次第に同期の関係になっていく。

バーターのためなかなか目立たずその事を不満に思っていたが放送最後の年の2004年になって初めてスポットライトが浴びせられた。念能力を使いミニパトに飛行能力与える事ができる。平山あやの護衛任務を小町と共に依頼されたこともあったが、奈緒子の腹の虫がなり小町を誘いサボってご飯を食べに行ったため失敗に終わるというマヌケな一面を見せる。

両津勘吉秋本麗子と同じく初回から出演しなおかつ「こち亀変声期」を迎えなかった数少ない1人である。

補足[編集]

                                                      mainiti no-puroburemuより

  • 朝は寝坊するためとりあえず眉毛をかいたら駅までダッシュ、ダッシュ、ダーシュー
  • 大食いの一面もあり吉野屋に行くといつも牛丼特盛つゆだくを注文している。そのため牛丼が食べれなくなった際は本気で切れた。
  • 切ない夜は安眠マクラで元気を回復している。
  • 毎日こんな私が大好きよと歌うほどのナルシストでもある。
  • 月曜日はいつもハートが飛んでるらしいが両津勘吉により見事に阻止される。

関連商品[編集]

  • 青信号
  • 小町・奈緒子のパンチラ写真集
  • 毎日ノープロブレム
  • 奈緒子の意外な一日

関連項目[編集]