清水直行

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
ソビエトロシアでは、コバマサがあなたをルパーンする!!」
清水直行 について、ロシア的倒置法
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「清水直行」の項目を執筆しています。

清水直行(シミドゥーナオユッキー、1975年11月24日 - )は、日本の関西のどこかの出身。大洋横浜銀行のウルトラエース

コバマサにりりしい顔で怒りをあらわにする直行様。(前列左)
2009年06月11日の西の赤い最貧球団戦で1イニング15得点というプロ野球新記録を樹立。先発は地味様だったが誰も気にしていなかった。

というのは全くの空想で、実態は公式ホームページに違う名前をのせられる程のクライマックス地味エース。

このアマゾン並みに競争の激しいプロ野球界で地味な彼が生き残れてるのはコバマサが日本最強クローザーと呼ばれてる事と並んで幕張七不思議の1つに数えられてるかもしれない。

そんな彼は別に無名というわけではない。むしろ有名な部類に入るであろう。そんな彼を愛するものたちは敬意を込め、地味様と呼ぶ。地味に敬意を込めるなど前代未聞。身長は180cmくらい。ちなみに常識だがhydeの身長は156cmである。

2007年オフ、トレードが噂されたが、やはりあまり知られていない。その後西の黄色い面白球団が強奪しようと付け狙っているとも言われるが、やはりあまり知られていない。座右の銘は「やるしかないねん」だが、やはりあまり知られていない。

2009年オフ、東京湾を挟んで反対側にある球団にひっそりとトレードされた。

栄光の経歴[編集]

生まれてからプロに入るまで[編集]

なんか日大時代にラーメン屋でバイトしてたとか東芝時代に自転車通勤してたらしいということ以外取り入って特徴もなさそうなので省略。

プロに入ってからエースの座を掴み取るまで[編集]

なんだかよくわかんないうちにいつのまにかエースになっていたので省略。

エースになってから現在[編集]

チームが31年ぶりに注目された2005年はパリーグ最強の花火師になるなど大活躍するがサブマリンの策略により立場は変わらず。

オールスターで他選手のインタビューで映らないなどはもう特技を通り越して習性。

これからの予想される活躍[編集]

本人は米国最強めじゃりーぐというものにひっそりと挑戦したがっており、ひっそりポスティング移籍をすることが予想されていたが、当人は「FAまでは行きませんよ」と周りにはうそぶいている。

2007年は更に地味度をアップさせて頑張っている模様。

2008年、身内の不幸があり、地味さを払拭するように各ニュースで取り上げられたがその後はひっそりと地味な成績を残す。FA宣言の権利も行使せず地味に残留。

2009年、非常に地味な成績を残し、オフには阪神タイガースに狙われるかと思ったが、FA権を持つ小林宏之、橋本将に話題を持っていかれ、結局のところ地味に横浜ベイスターズにトレードされた。木塚・稲田と共に地味トリオ結成が期待される。

2011年に地味に膝を痛めて年俸も超地味になった挙句、2012年は地味に一軍で投げられないまま自由契約、所属球団無しになっちゃった。でも地味に現役復帰を目指してるという話。

今までに獲った賞[編集]

関連項目[編集]

この項目「清水直行」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)