清田育宏

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「清田育宏」の項目を執筆しています。

清田 育宏(きよた いくひろ)は、千葉ロッテマリーンズに所属する野球少年である。
右投右打、背番号は1。

概要[編集]

千葉県鎌ケ谷市出身。高校時代は投手で、140km/h超えの速球を投げたうえにコントロールも良くスカウトから注目される存在であったが、東洋大学へ進学した。大学でも最初の3年間は投手を務めたが、いまいちパッとしなかったため野手に転向。するとメキメキと頭角を現し、4年生の春には4番打者を務めベストナインに選ばれるまでになった。

大学卒業後は東の電話会社から2009年のドラフト会議で千葉のお菓子屋さんに入団。お菓子が食べ放題で清田少年はたいそう喜んだかと思いきや、同じ右打ちでやたらと脚が速い他社のアイスみたいな名前の奴が1位指名なのに対し自分が4位指名だったことで清田少年はヘソを曲げてしまい一時は入団しないとまでゴネたが、ピノと同じだけのおこづかいと背番号1をもらえることになり入団。よかったね!

こうして念願の屈強な男たちが固い肌色の棒を手で握りしめ力強く速く振り、白いものを柵より遠くに飛ばして点を入れるスポーツ選手になった清田少年だったが、2010年シーズンは脇腹を痛めて出遅れてしまった。しかしライバルのピノ無賃が相次いで負傷し、代わりに出場するようになった狂肩クモ男もバッティングがいまいちだったので清田少年にお呼びがかかり、レギュラーになると勝負強いバッティングを披露して最終的に打率.290 2本塁打 18打点とけっこうがんばった。

これに気を良くした清田少年はCS日本シリーズでも打ちまくり、伝説の芸人の打ち立てた新人打点記録に並ぶ6打点を挙げる大活躍を見せ、がんばったご褒美に優秀選手としておこづかいをゲットした。やったね!

特徴[編集]

幼女からお年寄りにまで大人気の清田少年
  • 見た目はでっかい野球少年そのものである。チームメイトのゴリラに負けないくらい笑顔が眩しい。
  • 中身も心優しい少年そのもので、サインにも快く応じてくれる。
  • チャンスに強い。特にランナーが3塁に居るとだいたい打っている気がする。
  • もともとピッチャーをやっていただけあって強肩だが、送球のコントロールはなぜかいまいち。たまにすごくいいところに行くと拍手が起こる。
  • まわりがピノクモ男無賃チバリヨーなど変態レベルの俊足だらけなので目立たないが、普通に脚も速い。
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

その他[編集]

  • 応援団長も期待しているらしく、途中で転調までするやたらとカッコいい応援歌を作ってもらった。
  • いつからか応援歌の最後の「大空高く」のところでは、二本の指を天に向かって指差すようになった。
  • ピノとは同期入団のライバルの関係だが、今ではお互いに連絡を取り合うくらいなかよし。
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「清田育宏」の項目を執筆しています。