渡辺夫人

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

渡辺夫人(わたなべふじん)とは、国際金融市場における新ジャンルである。ガイジンからはミセスワタナベと呼ばれている。米ドルの買い手として知られるゆうじと並ぶ有力プレーヤーである。

特徴[編集]

渡辺夫人は渡辺さんの母親にあたり、そろそろダンナの退職後の生活が気になったり、もう既に退職金もらって、年金の支給年齢が待ち遠しかったりする世代である。投資と言えば、銀行の言われるがままに定期預金を組んだり、ちょっと国債の投資信託に手を出した程度のおばちゃんで、それなりに満足していたところが、昨今あまりにも日本の銀行に預けていても「あれー、利子がつかないよ〜」と言う羽目になり、外資系銀行などに「ニュージーランドの銀行あたりだと結構利子がいいよ」とかたぶらかされて、外貨預金を始め、そのうちに外貨証拠金取引にまで手を出すようになったお茶目さんである。

攻撃力[編集]

最強の中央銀行に匹敵する為替介入能力を有する。かつて、日本銀行はイングランド銀行をうち負かしたハゲタカ軍団を迎え撃ち、多くのハゲタカを撃ち落とした日銀砲という兵器を保持しているが、それ以降為替介入は一切行っていない。その当時と変わらず日本が依然大きな貿易黒字を計上し続けているにもかかわらず、円高にふれにくいのは、渡辺夫人の攻撃力によるものと言われ、別名おばちゃん砲と呼ばれている。ニュージーランドの財務長官が宣戦布告を行ったが戦況は思わしくない模様である。

外部リンク[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ミセスワタナベ」の項目を執筆しています。