渡辺美里

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「渡辺美里」の項目を執筆しています。

渡辺 美里(わたなべ みさと、1966年7月12日 - )は、日本ミュージシャン歌手。本名同じ。京都府相楽郡精華町生まれ、東京都育ち。血液型はO型。身長は158cm(公称)。実は男だという説もあった。

人物[編集]

  • 1976年-彼女は虹を追いかけるのがこの頃からの日課であった。又向かい風が好きな少女であった。又何故恋人が別れるのかが悩みの種だった。
  • 1985年-EPIC・ソニー(現エピックレコードジャパン)よりデビュー。
  • 1986年-シングル『My Revolution』のヒットにより一躍人気ソロシンガーとしての地位を築く。しかし彼女自身の作詞作曲はほとんどない。
  • 1988年-転機はこの年から訪れた。彼女は虹がどこから出でいるのか根源を突き止めた。それは彼女しか分からないため機密情報として靖国神社にまつられている。そして今まで逆風だったのが追い風に変わり吹き飛ばされそうになった。これを助けたのが爆風トランプと言われている。これを見て又カモメがいち早く飛んで来た、アイドルの殿堂「無言 エロッポイ」である。見事カモメにまたさらわれた。この状況を見て政治家も悪乗りをし出した。時の首相中ソ根・竹舌.宮サル政権は何をどう勘違いをしたのか日本の底力に感嘆し土地神話を打ち立て日本を、お金の小便壷にした。後のバブル経済と言われる。これ以後自滅党精神分裂症に悩んでいる。しかし最大の問題は、彼女が自分をアイドルだと勘違いしたこと。
  • 1989年-彼女自身は虹の正体までは掴みきれず、作品は芳しくなかったが時代は動き始めていた。この動きに敏感だった昭倭天皇は、この年ショックで崩御した。又アイドルの歌姫「雅彦仲良し明菜」も当てつけ自殺未遂を決行。追い風は瞬間風速50.9m/sを記録ピークを迎える。その後虹は消え、「虹を見たかい」「サマータイムブルース」を最後に表舞台から遠のく。
  • 小室哲哉とは後の活動や徹夜自体の女性問題で、最低という言葉を漏らす。
  • 独身

代表曲[編集]

  • My Revolution
4thシングル。ブ男がイケメンに変身するという趣旨の曲。
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

備考[編集]

  • 1990年以降数々のトラブルに見舞われ「空と君との間には今日も冷たい雨が降る」が流行語大賞の入賞となった。また「バブルははじけた」が大賞を総なめした。
  • 彼女の周りには奇怪な事件が多く、キューピー殺人事件として知られている。
  • 彼女の歌は自分で実行できない逆説的詩的流行歌としてキリスト教と肩を並べられている。現に紅白出場の時、魔除けの十字架を首からぶら下げていた。
  • スタジアムライブで「雨のばかーーー!!」と絶叫したことは有名。なお虹を追いかけるということは雨を追いかけることでもある。
  • 芸能界屈指の巨乳だったが誰も語ろうとしない。生まれてくるのが10年遅ければ隠れ巨乳と騒がれたであろう。

追伸[編集]

これは殆ど事実に近い。


Hito.png この項目「渡辺美里」は、手抜き状態のため発狂寸前です。正気に戻すかもっと発狂させてください。 (Portal:スタブ)