渡辺葉

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「渡辺葉」の項目を執筆しています。

渡辺葉(わたなべ よう、19??年??月??日-)とは、ニューヨーク魔女である。

渡米[編集]

黒歴史

このセクションに書かれていることは黒歴史です!
できることなら見ないでおいてあげて!!

作家・椎名誠(1944年6月14日―)の娘として生まれた渡辺葉は、父が家族エッセイ的小説『岳物語』(がくものがたり。溺愛する息子・渡辺岳にまつわる愛と勇気と友情そして恋について、自己の願望をふんだんに盛り込むことによって書きあげられた妄想)を執筆するにあたって、その存在をなかったことにされたトラウマから一家を離れ、魔女として身を立てる決意をする。……というのが歴史上の建前であるが、実際のところは素直に「ねぇお父さん、私のことも小説に書いてよねっ♪」と言えず、つい「お父さん、私のこと絶対に小説なんかに書かないでよねっ! 私、Gパン娘とかって呼ばれるの、すっごく恥ずかしいんだからっ!」などと言ってしまったために、その希望が叶えられてしまっただけなのである。その後悔からか、彼女は遠く故郷を離れてもいつもジーンズを愛用し、そのブランドはかつて父がよくCMに出演していたEDWINであることは言うまでもない

魔女修行[編集]

セントラル・パークへようこそ!
師匠ニャニャムジカ・チャマスカヤのご尊顔。

かくして1995年、単身ニューヨークに移住した渡辺葉は独学で魔術の修行を開始するが、早くも行き詰ってしまう。しかも糊口をしのぐためにやむなく始めた翻訳業にのめり込んでしまい、しまいには翻訳家に転業しようとまで考えるようになった矢先、セントラル・パークで一匹の野良猫と出会う。これが後に彼女の使い魔となるニャニャムジカ・チャマスカヤ(オス)であるが、当時はまだ彼の方が魔術技量において優っていた。

「It asks it. Are you my mastering?(問う。あなたが、私のマスターか?)」
渡辺葉 について、ニャニャムジカ・チャマスカヤ

この運命的な出会いによって本来の目的を思いだした渡辺葉は、この人語を操る猫を師匠と仰いで修行を再開、彼の持っていた魔典156巻ことごとく免許皆伝となるまで、主従の契約を交わしたのであった。ちなみに、弟子を主として師匠を従とするのはニューヨークの魔女界においてもヤンキー流と呼ばれる異端中の異端であり、その創始者こそこの渡辺葉であると言われている[不要出典]

秘法の数々[編集]

渡辺葉の研究した魔術分野は主に魔薬学体系であり、男に一服盛る事でたぶらかしてアーン♥♥うふふし、その精神を形骸化せしめた上で使役するという古典的な学術であり、中でも手掛けたのは新薬の開発である。以下はその一例である。

ポグラム(Pogrum)
その語源であるポグロム(Pogrom、大虐殺)の通り、かつて巨神族がドワーフ族をことごとく焼き払った伝説からもじった媚薬であり、その催淫効果は絶大なものがある。
製造法はブラックベリーとクランベリーをジャム状に煮詰めたあとに裏漉し、そこへ各種スパイス(チョメチョメ、ほかシナモン)を加えて香りが移った頃合いを見計らってブタの鳴き声と雄鶏の断末魔でとった出汁を投入、そしてぴーで味を調えてから急速冷凍、そして自然解凍させれば完成である。
ラム酒との相性が抜群で、またはプロセッコやフランボワーズとのカクテルにしても飲ませやすい。
ギルデンホッフ(Gildenhopf)
語源は「黄金なる神の足(Gilded hop hoof)」すなわち「スカラベの転がすもの」であり、その黄金の輝きは無垢なる瞳のごとく男たちを魅了し、刹那の快楽を味わわせた後に地獄へと叩き落とす禁断の魅薬である。
製造法は裏漉ししたラム肉をアップルサイダーと赤ワインで煮込み、生姜汁とXXXXX処女の血(トマトジュースによる代用も可)とを混ぜ込んだ上で蒸留したものをさらに豚のあれから絞り取った液体(混濁しているものが最上とされる)によって味を整えれば完成である。
スコッチ・ウィスキーとの相性が抜群で、口移しで飲ませるのが最も成功率が高く、致死率は100%である。
ソラーズバウ(Solarsbough)
語源は「天空に踊る乙女たち(solar Bouncers)」とあり、これは天に舞うような幻覚に対象の精神を崩壊させ、その肉体をソックパペットとして使役するために最も多用された秘薬であるが、非常に苦い上に辛くエグい後味が残るため、自分から飲ませるのが非常に困難であるため、一服盛るためには工夫が必要である。
製造法はミントと洋種山牛蒡の実を擂り潰して蜂蜜を加えて煮詰め、そこへ完全燃焼させて炭化した牛と馬のそれ(パウダー状のもの)をまぶした上で13時間寝かせて発酵、裏漉しした青汁タバスコを加えて蒸留すれば完成である。
この薬は皮膚に触れるだけでも効果が浸透するため、たとえば空気嫁や自分のあそこに塗りこんでおいて……という使うわなにをするやめr
死亡確認.jpg
死亡確認

ごめんなさい。ごめんなさい。
この時代ではお伝えできない事実が含まれていたため、投稿者は消去しました。

他にもさまざまな用途に応じた秘薬を次々と開発、その特許料(魔女特許庁による)とレシピ集(豚の去勢法など、簡単なものに限る)の印税で、渡辺葉は一躍ニューヨークのセレブとしてその名を馳せたのであった。

結婚そして[編集]

お幸せに♪

その後2003年にオレゴン州ポートランドへと武者修行に出かけ、道場破りによって散々荒らし回ったものの、3年弱で飽きてしまって再びニューヨークへ帰って来る。そこで見つけたウホッ!なイケメン(匿名希望)に熱烈なアプローチを仕掛けつつ策略と陰謀の限りを巡らせた挙げ句にまんまと彼を術中に陥れ、めでたく結ばれることとなった。え、その決め手が何であるかって……?

「……それは、本当にあなたの知りたいことなの?」
渡辺葉 について、渡辺葉

……イエ、ケッコウデス。 (((°д°;)))ガクガクブルブル。

ちなみに、結婚以前は「魔法少女」と呼ばれていた彼女も、結婚(厳密にはXXXXX)を経てからは「魔女」と呼ばれるようになったが、これは魔法を用いるすべての女性に適用される呼称のルールである。が、ここらで魔女狩りに遭って魔女裁判にかけられる前にさっさと足を洗い、旦那に食わせてもらって安楽に暮らすことを選択した彼女は魔女を引退、自ら魔力を封印したニャニャムジカ・チャマスカヤと一緒に、末永く幸せに暮らすのであった。

「ところで君の料理、ときどき変な味がするんだけど気のせいかい?」
妻の手料理 について、夫

参考文献[編集]

  • 『ニューヨークで見つけた気持ちのいい生活 My Favorite Simple Life』青春文庫、2009年10月20日初版

外部リンク[編集]

  • 空色庵(本人のブログ) [1]

関連項目[編集]

Makesophia.gif
執筆初心者のために、先輩風を吹かしたアンサイクロペディアンが「記事の書き方」を発表しています。