溶融亜鉛鍍金

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

溶融亜鉛鍍金(ようゆうあえんめっき)とは、重要なを錆びから守るために考え出された技術のことである。亜鉛という安価な金属が犠牲になる。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「溶融亜鉛めっき」の項目を執筆しています。

概要[編集]

古来より、鉄は人々と密接に関わってきた。低コストで加工しやすく、合金の多様性は一段と富んでいる。まさに理想的な金属と言えるだろう。ただ一つの短所に目をつぶれば

鉄は錆びやすい。これこそ玉に瑕と言うべきだろう。空気中の水分と結合して急速に酸化されていく鉄の管理には多大なコストがかかるのだ。これをなんとかして防ごうとした人類が考え出したのが「鉄の代わりに何か犠牲になるものを作ろう」という突飛なアイデアであった。そして不幸なことに、その犠牲に選ばれたのが亜鉛である。なお、一番効率良く亜鉛を犠牲にする手法こそ「溶融亜鉛鍍金」と呼ばれるものであり、人類の残酷さが窺い知れる。

効果[編集]

溶融亜鉛鍍金を施した鉄は、亜鉛の犠牲によって得られた防食機能のおかげで錆びることはない。さらに、亜鉛と鉄は強力な金属結合を形成するため鍍金が剥がれることもなく、非常に優秀な働きをしている。なお、防食機能には、「保護皮膜作用」と「犠牲防食作用」がある。いかにその特徴を示す。

保護皮膜作用[編集]

保護皮膜作用とは、亜鉛そのものが持っている防御機能のことである。その正体は酸化皮膜で、これによって表面の亜鉛だけでなく、中の鉄までしっかりと保護されるのである。なお酸化皮膜は非常に薄いため、で擦っただけで剥がれてしまう程脆弱であるらしい。

犠牲防食作用[編集]

犠牲防食作用とは、第一の関である保護皮膜作用が突破されたときに発動する防御機能のことである。鍍金に綻びが生じて中の鉄が剥き出しになったとしても、その鉄を酸化させない仕組みを整えている。それはイオン化傾向の差を利用した科学の賜物で、簡単に言うと亜鉛の方が鉄よりも先に錆びるから鉄は錆びずにすむ、ということである。

鍍金の仕方[編集]

以下では、溶融亜鉛鍍金を作るための手順を解説していく。これであなたの身の回りにある鉄を錆びから守ってみよう。

  1. 亜鉛を準備する
    まずは犠牲になる亜鉛を探すところから始まる。亜鉛はアメリカの1セント硬貨に使われているので、これの銅鍍金を剥がし内部の亜鉛を取り出そう。外国の硬貨を変形しても日本では罪を問われることはないので大丈夫である。
  2. 鍍金素材を洗う
    鍍金素材とは、これから鍍金を施されるもののことで、要は鉄である。洗浄には様々な薬品を駆使してほしいところだが、間違っても普通の王水を使わないこと
  3. 鍍金素材に「のり」を付ける
    鍍金加工を行うにあたっては、やはり接着剤代わりになるものが不可欠である。これは至極単純で、市販のボンドやスティックのりで十分であるという。ただ、丸めテープだけはやめてほしい。
  4. 「のり」を乾燥させる
    今度は、あろうことか先程つけた「のり」を乾燥させる。これは亜鉛の飛散を防ぐためと言われているが、それなら最初からのりなんて付けなければ良いのに、と思えてきてならない。なお、塗りムラがあったらうまく鍍金ができないのでやり直しである。
  5. 鍍金する
    ここが一番重要である。まず亜鉛を溶かした水溶液に鍍金素材をどっぷりと漬け、漬物石で蓋をして熟成させる。そして出来上がったものを取り出し、爪で擦って出来具合いを確かめる。数週間テストをして、錆びないようなら完成である。

中毒性[編集]

亜鉛が鉄の犠牲に選ばれたのは、何もパッとしなかったからだけではなく、安全面で非常に優れていたからでもある。亜鉛は人体にとって必須元素であるため、いくら摂っても有害ではない、と長い間誤解され続けていたのだ。しかし最近の鉱毒ブームに乗っかって、亜鉛が密かに持っていた毒性が明らかとなった。それは「重度の中毒を引き起こす」ということである。これに陥ったが最後、人々は亜鉛がないと鉛筆すら握れない程にまで廃人化してしまうという。また、気体の亜鉛と個体の亜鉛の中毒性は大きく異なることで有名である。

個体の中毒性[編集]

個体の亜鉛は、重度の倦怠感、及び虚無主義の発生を招くという。致死量は約10グラムと多いものの、死因が「亜鉛中毒」だなんて死んでも死に切れないだろう。なお、亜鉛のモース硬度は2であるため歯で簡単に噛み砕ける。歯ごたえが良いとのことから、これを好んで食す人もいるらしい。

吸入中毒[編集]

鍍金工場には亜鉛を含むガスが充満しており、常に低濃度ではあるが亜鉛を吸引していることになる。これは高熱を強烈な悪寒を引き起こすため、風邪やインフルエンザとの見分けが難しい。事実、この症状は「亜鉛熱」と呼ばれている。

関連項目[編集]