演劇

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「演劇」の項目を執筆しています。

演劇 (えんげき) とは、舞台という公衆の面前で男女、はたまた同性同士が熱く絡まりあう(性的)プレイ。その過激さゆえ現在ではテレビ文化・映画文化・インターネット文化などに圧力をかけられ、マイナーな存在となっている。

概要[編集]

演劇を観るためには、性的表現から未成年の入場を断るため、彼らの手が届かない程の高額なチケットが必要な場合が多い。またその会場は東京に集中しており、田舎土民ではその地に足を踏み入れることすらできないこともある。東京の中では特に下北沢新宿三軒茶屋中野王子といった性欲溢れる若者が多くいる場所が多い。

一歩中に踏み入ると舞台上は舞台のシチュエーションに合わせた色彩・設計とされており、観客の妄想を広めさせる。また上演前にはパンフレットが配られ、出演予定の人物の中から自分の好みの人物を選び出すことができる。その紙の上演中の使用方法についてはお察しください

上演が始まると、数名の人物が舞台上に現れ熱い絡み合いを始める。これらの人物は俳優と呼ばれる。また、俳優の行為は観客の興奮を極限まで高めるために綿密に作られたもので、戯曲とも呼ばれる。さらに照明効果やシチュエーションに合わせた音響効果によって観客の興奮は絶頂に達するのだ。

こういった次第から演劇は文化庁などからゲイ術と指定され、未成年の観覧および出演を禁止している。しかし青春を謳歌しようとする高校生大学生部活として行っている実態も多く、黙認されている状態である。

歴史[編集]

演劇の歴史は古代ギリシアまで遡る(これは本当)。他のTV・映画といった媒体よりも出現が早い。つまり人間の性欲は2500年前から現在まで至るほど普遍的なのである。古代ギリシア時代で有名な「オイディプス王」と呼ばれる戯曲は近親相姦を一部に描いた作品であり(これも本当)、2500年も昔からそんなシチュがあったかと思うと開いた口が塞がらない。

そののちイギリスではシェイクスピアという劇作家が活躍し、「ロミオとジュリエット」という愛と欲の溢れる作品を作り出した。ロシアではチェーホフなどの劇作家も活躍した。「三人姉妹」というタイトルからして卑猥な作品が有名である。

しかし変態で有名なはずの日本では比較的有名な作品が少なく、劇団四●といったキムチ臭いものに流される傾向にある。また、前述のように他の文化に圧力をかけられている関係もあり、比較的マイナーな部類に入る。韓流ドラマでホルホルしている暇があったら、伸び白のある演劇で変態文化を広めてもらいたいものである。小劇場の数や劇団の数は世界でも類を見ないほど多いというのに(これも本当)。

その他[編集]

高校演劇[編集]

高校での演劇はその卑猥性から変人ばかりが集まると呼ばれている。体育系部活から白い目で見られたり文化系からもハブられたりするのも日常茶飯事である。また現在では秘密裏に大会すら開かれる現状であり、大会のたびに高校生たちが(以下略)

学生演劇[編集]

大学では20歳になると解禁となるためサークルの数が異様に多い。特にえんじ色の大学紫紺の大学我らが国名の大学が盛んなことで有名。しかもこの3校に関しては文学部や芸術学部の中に演劇の専攻まで存在するくらいである。

関連項目[編集]