演歌

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

演歌(えんか)とは明治時代の革命的最先端音楽であったが現在では重要無形文化財の有力候補である。なお、革命的精神はヒップホップに受け継がれていることも知られている。

概要[編集]

明治維新前の江戸時代、音楽といえば主に三味線を使用した民謡がある程度で、内容も地域の出来事や仏の賛美を中心としたものが多かった。明治維新後、文明開化によってヨーロッパからクラシック音楽などが流入してきたが、政府の介入によって供給過剰気味となり、そのために職を失ったものが少なくなかったとされる。またこの頃、それまで恋愛物語や川柳批評等を主に書いていた作家が夏目漱石などの真面目一筋の作家に居場所を奪われていた。この二種の居場所の無い者が同盟を結び、彼らはさまざまな手段で自らの居場所を確保しようと必死に奮闘したが、いずれも失敗に終わった。これで彼らは完全に追い詰められ、当時を思えば奇抜な行動を実行することとなる。それは日本の春夏秋冬の失恋話の歌にあわせてクラシック音楽を演奏するというものであった。日本の歴史上稀に見る試みは、日本のルネサンスとして受け取られ、当時から流行好きの日本人から歓迎されることとなった。

しかし、流行はすぐに過ぎ去ることは彼らも良く知っていた。そこで飽きられないようにその時々にあわせて形を変化させていった。戦争が起きれば自国や敵国を賛美したり批判したりする内容にしてみたり、政治問題が起きれば政治家を風刺したり民衆を煽ったり、新たな流行に乗り遅れまいと努力を惜しまなかった。その甲斐あって、一時のブームだけで終わることなく、演歌は音楽界で一定のジャンルとして認知されるようになった。

第二次世界大戦後、日本は一応平和になったが、彼らは方向性の対立から演歌本流と歌謡曲派に分裂した。本流はこれまでの成功に自信があるためもう努力は不要という考えを持ち、一方歌謡曲派はこれまで以上の努力をするべきという考えであった。そして高度成長の流れに乗り歌謡曲派は波に乗り主流派となるが、演歌本流は歌謡曲派ほどの支持を得ることが出来なかった。だが、オイルショック後、歌謡曲派はさらに分裂することとなる。このとき多くの派が誕生して流行に乗り遅れまい、自ら流行を生み出そうと努力した結果、歌謡曲派時代に残っていた演歌の名残が跡形も無く消失することとなった。

すっかり影が薄くなった演歌本流は明治時代から続く独特の世界を維持してきたことから、「昔は良かった」が口癖の一部の愛好家たちが演歌を狂言や浄瑠璃などと同じように重要無形文化財に指定させようとしているとも噂される。指定されればもちろん北島三郎は人間国宝となると考えられる。なお、演歌自体は最近の若者には人気が無いが、彼らが好むJ-POPなども元をたどれば演歌と密接に関係しているといえ、心の奥底では好きであるという報告も少なくない。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「演歌」の項目を執筆しています。