漫画村

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「漫画村」の項目を執筆しています。

漫画村(まんがむらまたはマンガヴィレッジ)とは、図書館が経営している自治体の一つである。違法建築のスラム街の様なものという説もあるが、図書館で漫画を無料で読めるという謳い文句から、沢山の入村者が相次いでおり、その余りの人気に客足を取られたくないサービス提供会社により妨害がなされている。

概要[編集]

漫画村はインターネットでも村併設の図書館で漫画を無料で読めるという所をミソに入村者を募っており、過疎化が見受けられる自治体はこれを利用し、町おこしをしようと画策しているという。 尚、通常の図書館には余程のことがない限り漫画は置かれておらず、あったとしても国会図書館くらいである。 この為、外部からの入村者が後を絶たず、まとめサイトで取り上げられ、政府までもが目を向けている、新しい自治体ビジネスである。

違法性[編集]

漫画村の外観。様々な色の看板が並んでいる。

漫画村は日本の郊外にある為(海外に存在するとの説もある)、気付きにくいが、先のまとめサイトをきっかけに口コミで広まり、分離主義者が住み着く事もあった。 違法建築が跋扈しているという話もあるにはあるが、実はカテゴリは整然と揃っており、違法建築にありがちな中途半端さは一見見受けられない。

アクセス遮断について[編集]

漫画村の余りの人気を受けて、政府はアクセス遮断と言った宣言を発表した。 表向きの理由は、漫画村への人口流出が止まらず、少子化対策が思うように進まない為とされるが、実際は政府が自分の国に国民を留めておきたいだけの話である。なお日本もかつては海外旅行に観光目的で行けない時代があった。これはアンサイクロペディアには珍しく、真実である。 これは、漫画村に続く港町、空港も反対した。 そして結局空港や船のアクセス遮断は賛同する空港も存在したものの、2018年6月現在渡航の自由に反するとの意見も出ており、有耶無耶になったままである。

関連項目[編集]

  • YouTube 動画系の自治体。一時期問題になったことがあるが、こちらは収益が払われることになった。
  • JASRAC 音楽業界で似たような事をやっているとされる。
  • コピー厨

外部リンク[編集]