瀬戸大橋線

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「瀬戸大橋線」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「瀬戸大橋線」の項目を執筆しています。

瀬戸大橋線(せとおおはしせん)とは、大都会岡山さぬきうどん王国の首都を結ぶ宇野線、本四備讃線、予讃線の愛称である。JR西日本JR四国が仲睦ましく営業している。

概要[編集]

本州と四国をつなぐ唯一のJR線である。大いなるいなか岡山の性格の悪さを物語る路線としても有名である。

沿線風景と特徴[編集]

宇野線区間(岡山 - 茶屋町)[編集]

岡山を出ると、何のためらいもなくいきなり単線になる。茶屋町駅までは大元駅周辺、妹尾駅周辺、早島 - 久々原が複線化されているが、他の区間は全て単線である。これは大いなるいなか岡山にとって、瀬戸大橋線が複線化して四国との行き来が便利になるなど、高度なインフラ強化に、全く興味と知識が無いのである。その証拠に、最近ようやく複線化された久々原 - 早島間さえ大いなるいなか岡山は列車の増発・スピードアップを許しておらず、列車はこの複線区間を徐行する。ちなみに四国側(児島 - 高松)は1993年までに完全複線化・高速化している。 この区間は全体的に田んぼしかなく、茶屋町駅までの中間駅には要らない駅もあるというもっぱらの噂である。

本四備讃線区間1(茶屋町 - 児島)[編集]

茶屋町を出ると、高架複線という宇野線区間とは対称的な区間に入る。この区間は2007年、長年の間大いなるいなか岡山に妨害され続け延期されていた高速化工事がようやく完成し、特急列車や快速列車が130km/hで走るようになった。 線路規格とその高速性から、特急に乗っていると新幹線に乗っているかのような気分になり、沿線住民もこの路線を新幹線だと思いこんでいる。 この区間はトンネルが大部分を占める。それに加え、線路はスラブ軌道という騒音が4倍となる線路なので、トンネルを走る際の騒音はおそらく世界一であろう。快速列車に乗る時は鼓膜が破れないよう、くれぐれも耳栓を忘れないで頂きたい。

本四備讃線区間2(児島 - 坂出)[編集]

児島を出るとトンネルに入り、トンネルを抜けるとすぐに瀬戸大橋に突入する。瀬戸大橋に突入して5秒後にはさぬきうどん王国に入る。うどん王国との国境線が極端に岡山寄りなのは気のせいである。 非常に高い場所を走るので、高所恐怖症の人はこの区間は乗らず、瀬戸内海を泳いで行くことをお勧めする。 岡山を出た後は、JR四国が買い取る事を勧める。元々国鉄だったのが、東北新幹線の赤字で、民営化されてしまったのだから、どこで、切ろうが自由。

予讃線区間(坂出 - 高松)[編集]

この区間は四国。非常にスピードアップされている。この調子で、丸亀まで5分にする事が望まれる。 坂出駅の前には、高層マンションが、立ち並ぶ。

快速マリンライナー[編集]

詳細はマリンライナーを参照。

JR西日本としては珍しく最新型の車両を使っている。しかし、前述のように大いなるいなか岡山による妨害がスピードアップのネックになっているため、最新型車両を使う意味があるのかは甚だ疑問である。 岡山からの乗客は児島で乗り降りはほとんどない、四国へ行く人が、ほとんど。 岡山から乗ってきた高校生の乗車マナーは悪くない。地方の高校生の様子は、ほのぼのとしている。

関連項目[編集]


東西線で押しくらまんじゅう.jpg この「瀬戸大橋線」は、延伸の案が出ています。延伸して下さる協力者を求めています。 (Portal:スタブ)