火獣目

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

火獣目(かじゅうもく)は哺乳類の絶滅したの一つであり、文字通りを吹いたり、火を身にまとったりする獣がこれに含まれる。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「火獣目」の項目を執筆しています。

概要[編集]

火を吹いたり、火を身にまとったりする哺乳類の動物がこの目に分類される。代表的なものには、ピロテリウムヒネズミ等がある。なお、火の鳥は哺乳類ではなく鳥類であるので含まれない。長年伝説上の存在とされてきたが、南米アルゼンチンでその化石が発見されたことで、実在していたことが証明された。

なお、この目名の命名者は、人類の起源は南アメリカだと主張していた 学者フロレンティーノ・アメギノである。彼は火山灰の中から出てきたこの目に名前を付ける際、なぜかその生物の化石を見ただけで、火を吹き、火を身にまとっていたことに気づき、Pyrotheria(「火の獣」の意(多分))と命名したのである。この命名になぜ異論が出なかったのかはいまだに謎である。

生態[編集]

身にまとっていた火は火山の中で生き抜くために生命維持に関わっていたとみられ、水をかけると一気に弱ったとされる。ただし、生物である以上、水分は不可欠であり、口から飲む分には平気だったと考えられる。矛盾に思えるかもしれないが、ヒトが口から水分を摂取しても平気であるが、直接真水を血管に注射すると非常にまずいこととなるのと同じだと考えればよい。

前述のとおり水に弱かったため、が降った時のために、雨宿りができる場所に生息していた。また、夜も火のおかげでよく見え、目は退化し、火のおかげで天敵に襲われる心配もなく、戦闘能力も退化していったと考えられている。

多くの哺乳類と同じく、胎生である。ただし、胎児は火のついていない状態で生まれてくるため、イザナミのように母親の性器が焼けることはない。

絶滅[編集]

絶滅の原因としては、雨宿りのための森が自らの火のために焼失し、雨宿りできず、雨に打たれて弱体化していったという説があるが、未だよくは分かっていない(その時、森で暮らせなくなったサルが直立二足歩行を始め、ヒトへと進化していったという説もあるが、それはまた別のお話である)。

現在[編集]

絶滅したとされてはいるが、生き残りがいる可能性が指摘されており、狐火の正体がそれであるという説がある。また、任天堂が遺伝子操作によって再現している。

関連項目[編集]


この項目「火獣目」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)