灰羽連盟

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「灰羽連盟」の項目を執筆しています。

灰羽連盟(はいばねれんめい)とは、中世ヨーロッパの共同体(主に都市)において、ローマ教皇あるいは神聖ローマ皇帝から自立を果たすために住民同士が主体となって作り上げた組織である。

背景[編集]

中世において、都市の住民は貢納や軍役の義務を負っており、ローマの坊主どもにとってはいいカモであった。しかしあまりにも調子に乗りすぎたため(一説では八公二民とも言われる)住民の怒りが爆発し、独立の動きを加速させることとなった。なおローマ教皇が力を失った後、今度は神聖ローマ皇帝がいい思いをしようと企んだがこちらのほうは諸外国の思惑も重なって案外あっさりと失敗に終わった。

起源[編集]

12世紀末、ヨーロッパでは教皇インノケンティウスワールド・ミスチル3世が権勢を振るっていた。彼は第4回十字軍の準備にかかる多額の費用を賄うため、都市にやたら重い税金をかけた。ビールやら蝋燭やらスリッパにまで税金がかかったと言われる。この事は酒飲みビール大国であるドイツにとって死ぬほどきつい負担であった。そこで1199年ドイツ東部の1地方都市であるオルトホーメ(Oldhome)の住民がバチカンの抑圧に対して団結し立ち上がった。彼らは胸に灰色の羽をつけて、それを団結と自立・独立の象徴とした。これが灰羽連盟の起源である。住民同士の結びつきが深まるにつれて、バチカン側からの弾圧・搾取も激しくなっていった。これらに対抗するため、都市住民は武装組織を結成するに至った。この都市自立運動はヨーロッパ各地に飛び火していき、あらゆる都市で組織が結成されたがメンバーは皆灰色の羽をつけるというオルトホーメの伝統をきっちり受け継いでいたと伝えられている。

迫害[編集]

バチカンは灰羽連盟を異端に認定し破門した。灰羽連盟の殲滅を企て、関係者を魔女裁判であぶり出し、あらゆる方法で処刑した。灰羽連盟の関係者は高所から突き落とされたり、水中に溺れさせられたり、怪光線で焼いたり、眠り薬によって毒殺した例すらある。ある男性聖職者は氷った湖に叩き落されたという。最も酸鼻を極めたのは車輪で轢殺す処刑であった。

教皇インノケンティウスワールド・ミスチル3世は処刑人に出来る限り同じ処刑方法を用いないように命令している。だが墜落死が2件がぶっている事には不満をもらした。これは世界史上の謎である。バリエーションのありすぎる処刑の為に払った処刑費用は1万デュカートを超えたが、贖宥状を売った金で埋め合わせ、足りなかった額をメディチ家に払わせている。

キャラクター[編集]

ラッカ
リクルート カラスと生ごみに吸い寄せられる人
構成要素:防塵服
死因=墜落
レキ
鉄オタ 列車専門の画家 ロールシャッハテスト最下位
構成要素:ピース缶(タバコ) スーパーカブ(愛車)
死因=列車に特攻
ネム
図書館とハードボイルドワンダーランド 年増とハードボイルドワンダーランド 惰眠とハードボイルドワンダーランド
構成要素:気苦労(主にレキに対して)年増
死因=眠り過ぎ
クウ
最初に昇天する人
構成要素:空を自由に飛びたいな♪
死因=ヤク
ヒカリ
くせ毛工作員 パン食い競争なら誰にも負けない
構成要素:メガネ
死因=スぺシウム光線の巻き添えで爆死
カナ
魚になりたかった人
構成要素:おなべ
死因=水死

関連項目[編集]


この項目「灰羽連盟」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)