烏龍茶

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

烏龍茶(ウーロンちゃ)は、の一種である。烏籠茶と書かれることも多い。 ピザさんが体を気にして飲んでいる事が多い。そういう自分もその一人かもしんない。

作り方[編集]

まず、の籠、即ち烏の巣を用意しなくてはならない。

烏の巣は小枝を組んで、籠状態になっている。出来ればの枝で組まれたものが良いが、まあ植物系なら基本的には問題ない。

ただし、近年では安価なカラスの巣を採取して使用することがあるので針金プラスチック片が混じっていることも有り、特に金属製のものはなどで人体に有害な上に風味を損なうことがあるので注意が必要である。

また、烏の巣は出来るだけ新しいものが良いが、樹上にあるならまだしも、近年では電信柱看板などに営巣することもあり、得るためには非常に危険を伴う。うかつに抱卵期に巣に近寄ると、烏からの攻撃を受ける場合がある。誤ってを割ってしまった場合、親烏の怒りはすさまじく、場合によっては命さえ危険に晒される。このため、通常は熟練した採集人によって採取される。

烏の巣を確保したら、大鍋に湯を沸かした上で巣を浸す。基本的には醗酵度が高くなるほど高い温度の湯を用いる。旨みよりも香りを楽しむ場合は湯温は比較的高めに、茶の旨みを楽しみたい場合はやや低めに淹れられることが多い。

高級品になると、海燕の巣を乾燥させたものを用いる、また燕が巣作りの際に出した血がしみ込んでいる巣を用いた烏龍茶を「大紅袍」と称して珍重する。 サントリーから数量限定で発売されたが、500mℓ1000円もするので物議を醸した。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「烏龍茶」の項目を執筆しています。
海原雄山.jpg 女将を呼べッ!なんだこの烏龍茶は!!
よくもわたしの前にこんなシロモノを出したな!
今すぐ作り直せ!!ジュンサイの旬は初夏だ! (Portal:スタブ)
Stop crap.png クソ記事に注意!!
この記事はクソです。筆者自身がそれを認めます。