100000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
無量大数から転送)
移動先: 案内検索

100000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000(無量大数、むりょうたいすう)とは、1よりも、100よりも、1000よりも、いや、それだけでなく1兆よりも果てしなく遠すぎる恐ろしい数のことである。世界の人間の人数以上である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「無量大数」の項目を執筆しています。

概要[編集]

0の数は、なんと68個もある。つまり、1の次の次の次の次の次の次の次の次の次の次の次の次の次の次の次の次の次の次の次の次の次の次の次の次の次の次の次の次、次、次、次、次、次、次、次、次、次、次、次、次、次、つ、つ、つ、つ、つ、つ、つ、つ……ダメだ、遠すぎる。多分これを続ければ1と等しくなるかも。

なおこの数を使われることはあまりないだろう。ほとんどは無数といってしまう人が多い。遊びで使うことはたぶんあるかも。というより遊び言葉になってしまう可能性がある。

また、1と2は等しいので実質1も無量大数である。

さらに小学生の間では無限大数という更に上位の数も存在するらしい。

ちなみに1無量大数は1068である。

無量大数個以上存在すると思われるもの[編集]

地球上で[編集]

宇宙空間で[編集]

しかし、これらの物を全部数えた人はいないので、本当のことはまだ分かっていないようである。

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

関連項目[編集]