煮込みハンバーグの日

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
この記事には冗長性が不足しています。
改善には十分なメモリーとブロードバンド回線と大きなディスプレイが必要です。
アンサイクロペディア法
を熟読した上で、分量を増やして下さい。
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「煮込みハンバーグの日」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

煮込みハンバーグの日(にこ―ひ)とは煮込みハンバーグの煮込みハンバーグによる煮込みハンバーグのための祝日(非公認)である。

概要[編集]

20XX年に新発売された『煮込みハンバーグの素』(予定販売価格¥398)を売り出すために日本食研によって独自に定められた祝日である。さしあたって毎月下ひとケタに2と5と3のつく日(2、5、3を「煮込み」とかけたダジャレ)を煮込みハンバーグの日として消費者にアピールする方針を定めたのであった。キャッチフレーズは「ニコ(25)ニコみ(3)んなで、煮込みハンバーグ!」である。

バリエーション[編集]

煮込みハンバーグの日は毎月2日、3日、5日、12日、13日、15日、22日、23日、25日の9日×12か月で108日、奇しくも煩悩の数と同じである。『煮込みハンバーグの素』は108種類、毎日1種類ずつ食べてちょうど一年を要する計算である。味のバリエーションは文字通り108種類で「一年食べ続けても飽きない煩悩の味」を目標として作られている。

1)アボガド味、2)納豆味、3)くさや味、4)シュールストレミング味、5)ハンバーグ味、6)ハンバーガー味、7)とろろ味、8)キムチ味、9)なまこ味、10)暴君ハバネロ味、11)味噌味、12)生クリーム味、13)ホンオフェ味、14)ドクターペッパー味、15)味、16)カレーライス味、17)ナントカ還元水味、18)ミミズ味、19)人肉味、20)お袋の味、21)素材の味、22)味、23)味の素味、24)醤油味、25)フライ味、26)食用ダンボール味、27)うまい棒味、28)わさび味、29)八つ橋味、30)事故米味、31)金気(かなけ)味、32)手作りの味、33)バナナ味、34)砂糖味、35)蒟蒻ゼリー味、36)勝利の味

以上のバリエーションにそれぞれA)ビギナーズ、B)スタンダード、C)プロフェッショナルの3段階にレベル分けがなされており、お子様から食品兵器フリークまで幅広く楽しめるようになっている。

反響[編集]

かくして煮込みハンバーグの日が(勝手に)指定された以上、毎月(下ひとケタに)2と3と5のつく日は日本国民の誰もが煮込みハンバーグを食べるために日本食研の『煮込みハンバーグの素』を買い求めるに違いない。あぁ、日本の食卓は今まさに煮込みハンバーグ一色に染まるのだ……

Tumbleweed01.gif

……とか夢見ていたんだけどね。その結果がこれだよ。笑えばいいさ。

関連項目[編集]

ハンバーグは煮るより焼いた方が美味しいと思…って、うわ?!何をする?!くぁwせdrftgyふじこlp

外部リンク[編集]