熱光学迷彩

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

熱光学迷彩(ねつこうがくめいさい)とは、周囲の風景に溶け込み、またを発散しないことからサーモグラフィの映像上でも識別困難にさせるための迷彩装備。一部のエセ軍事マニアはステルス迷彩と呼んでいる。

迷彩の使用例。

概要[編集]

一般の迷彩は都市迷彩ジャングル迷彩、あるいは給与迷彩などの形で錯覚により視覚的に偽装する。この装備では、これらを更に進めて積極的に周囲の風景に溶け込み、さらに従来ではサーモグラフィや赤外線暗視装置などにより赤外線の放射を検出する事で発見可能だったものを、熱の発散を周囲の環境に合わせて変化させることで、周囲の環境に溶け込んで識別不可能にするのが熱光学迷彩である。

つまり変温動物カメレオンカエルが普段あたりまえにやっていることであり、更にいえば風呂屋の浴室で振りチンで他の人にまぎれて入浴している状態や、室温36.5~37度の環境にいるダンボール箱に隠れたスネークがこれにあたる。

軍事利用[編集]

森林地帯にて使用する際の迷彩。

軍隊では、狙撃斥候などで、相手に発見されないことによる戦術上の優位性は計り知れない。熱光学迷彩を装備した狙撃手は、敵から発見されること無く相手陣地内から味方の掲げた的を撃って楽しめるし、斥候は敵戦車大隊の真中で放屁をしてもばれないと考えられている。

このため世界各国の軍隊ではこの装備を開発しようとしているが、全身くまなくカメレオンを貼りつけると重くなり過ぎ、全身くまなくカエルを貼りつけるとのたびにカエルが鳴くという問題により実用化は進んでいない。ついでにこれらカメレオンスーツやカエルスーツでは、貼り付けられたこれらの動物が生きた昆虫しか食べない点も、実用化を妨げる要素となっている。

このためアメリカを中心に、ドライフードで育つ小型のカメレオンや、人間が着て歩ける大型のカエルがバイオテクノロジーで実現できないか、研究が進められているが、現段階において成功は未知数である。

動物を使わない技術も進んでいるが、使用する人間の側に問題があるため実用化されていない。光学迷彩服は服の部分しか姿が透過せず、敵からは生首が浮かんでいるように見えてしまいヘッドショットされやすくなる。銃の隠蔽用のものでは、手放すとどこへやったかわからず危険なため採用できない。全身を透過した場合、男性兵士は性的に悪いことしか考えなくなるので採用されていない(この問題は「インビジブル」として映画化された)。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「光学迷彩」の項目を執筆しています。
カニやエビのお巡りさんの話。
どうやら彼は既に持っているらしい。
光学迷彩の軍事的メリットが全く再現されておらず参考となる。エレベータ内で銃をもった味方複数と使用して「気付くのが遅すぎる!死ね○○○○!」などと叫ぶようなことをしてはいけない。
ガーディアンフォース編になったとたん出現

「敵機の分析を完了し…あれ?もう終わったのか?」というわけなので役に立たない。ちなみにゲームではチート並の性能

通称にとりん河童。光学迷彩スーツを着用して不意討ちしてくる。
透明マント?何それおいしいの?
光学迷彩グッズを多数所有している。特に『透明マント』が有名。