熱風銃

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

熱風銃(ねっぷうじゅう)は、日本において一般的に普及している護身用ののことである。高圧電流を用いて、突風を発生させて危害を与える相手にぶつけダメージを与えられ、またスイッチを切り替える事によって風を加熱させて相手に熱傷を与える事も可能である。

概要[編集]

日本では銃刀法の規制により一般人が護衛用に銃を持つ事は固く禁じられ、また銃を持つ必要が無い様に治安の維持を第一に国家の運営がなされていた。しかし近年、外国人犯罪や未成年犯罪のような従来の犯罪の形式とは異なる犯罪が多発した事により、日本政府は新たな治安対策の決断を迫られていた。それを解決するものがこの「熱風銃」「熱風放射機」と呼ばれるものである。

この銃の特徴は家庭用の電源から得た電気を用いる点である。銃や刃物は持ち歩く事により悪用の恐れがあるが、この銃は電源が無ければ全く役に立たない事から他の犯罪に用いられる恐れは少なく、家庭に侵入してきた犯罪者に対しては容赦なく使える。また銃とは違い、プラスチックなどの非常に軽い素材と空気という反動の少ない弾丸を使用しているため、扱いやすく力の弱い女性でも特に訓練などを行わなくても簡単に使う事が可能である。日本国はこの武器に目をつけ、これを日本での公式の護身用具と定め、銃刀法の規制から外すという処置がなされている。また米国における銃のように許可証などは一切必要ない。

特徴[編集]

この武器の製造には銃器よりも一般的な家電製品製造の技術が多く使われるため、日本では家電メーカー各社が製造している。空気を圧縮せずに強力なファンで打ち出すため、射程は一般的な銃よりも短いが、至近距離では十分な殺傷力を確保できる。一般的には家庭内で侵入者に対する反撃に使うものだが、非常に軽い事から女性が護身用に持ち歩く事も多い。

形状は一般的には銃に似た形で、L字型もしくはT字型をしている。持ち方は銃と同じくガングリップで構える事が望ましい。反動の少なさから両手で持つ必要は無く、片手でも十分照準を合わせることが可能である。銃の本体には引き金は一般的についておらず、スイッチのオンオフにより突風のコントロールを行え、またスイッチを切り替える事により内部の加熱装置が作動し瞬時に過熱して熱風の発射に切り替え、熱量による攻撃ができる。

このように万能の護身用具のようだが、いくつかの問題点も存在している。まず電源を必要とすることからコンセントから一定の範囲内以外では使用する事が出来ない(これは汎用アタッチメントである延長コードを使用する事である程度まではカバーする事が出来る)。また他の大型家電に匹敵する非常に大きな電流を使用するため、電源の確保が難しかったり、ブレーカーを落としてしまうという危険性も有している。

また近年ではさらに凶悪化する犯罪に対してイオン砲としての機能を持たせるものも出回っている。これは打ち出す空気内にプラズマ荷電を行う事でより殺傷力を高めるものであり、これもスイッチ一つで作動させる事が可能である。またイオン砲に比べると種類は少ないが、霧状のDHMOを射出する機能や遠赤外線照準装置、オゾンランチャーまでついた強力なものも発売されている。

また銃型の熱風砲に対し、アタッチメントを使用したり、専用の機体を用いる事で可能な熱源付きの格闘武器に出来るものが存在する。これは同じ理論で熱を与えたナタ状のものであり、より近距離で威力を発揮する。女性の間では「クルクル」と呼称されている事が多い。

補足[編集]

熱風銃本体に電源を入れたまま、濡れた相手にぶつける事で高圧電流とDHMOが反応を起こして致命的なダメージを与える事も可能であるが、この使用法は銃刀法により固く禁じられている。

関連事項[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「熱風銃」の項目を執筆しています。
一般的な熱風銃
この項目「熱風銃」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)