爆破予告

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちによって「爆破予告」はリダイレクトページになっています。変なページに飛ばされるので、クリックしても意味はありません。

爆破予告(ばくはよこく)とは、善と悪の戦いの対戦者を募集する行動をさす。

概要[編集]

札幌市豊平区に所在する、とある企業が開発したゲームが対戦に使用される場合が多い。

報道機関や他のメディア、政府直営の対戦者などにプレイヤー募集の文書を送付することを爆破予告と呼ぶ。

プレイ環境[編集]

前述のゲームソフトは、最近ではWi-Fi接続に対応しており、飛行中の旅客機内以外なら、北海道庁、成田空港の出発ロビー、米軍基地、博多行き新幹線ひかり109号の車内、西鉄高速バスの車内、ロンドン地下鉄駅構内、近鉄藤井寺駅、中国大使館、全国の小中学校などどこでも対戦プレイが可能となった。

インターネット接続環境があれば、南レバノン、北アイルランド、アフガニスタン、チェチェン共和国、イスラエル、イラク、アメリカ、バリ島など海外のプレイヤーとの対戦も可能である。

対戦者募集方法[編集]

最近は主にインターネットの掲示板で対戦者を募集する者が多い。

ギルドに所属する者は、そこの主義主張やスローガンをコピペしたのち、日時と場所を記載して「爆破します」と書く。文末にギルド特有のキメ台詞を付加する者もいる。

電話で対戦者を募集する者もおり、日本では専用の電話番号(110番)が用意されている。

文例[編集]

  • われわれはデラーズ・フリートである。われわれは3年間待った(以下ギルドの主張コピペ)。
  • 宇宙暦0083の4月1日アイランドイーズ爆破する
  • ジークジオン!

マナー問題[編集]

対戦プレイを重要なイベントや混雑した車内などプレイヤー以外の一般人がたくさんいる場所で行うと、周りの人の迷惑となるが、最近マナーの低下が問題視されている。

また、飛行中の機内でネット対戦を行おうとして怪電波を発信し、飛行機を墜落させた例が多々ある。Wi-Fiによるネット対戦は、電波の発信が許可された場所でのみ行う必要がある。

一方で、対戦者を募集したがドタキャンするなどの問題もある。最近は爆破予告を行わずいきなりゲームを起動して、あとで爆破したと声明を出す場合もある。

公共広告機構は2000年ごろ「爆破予告かっこわるい、犯行声明かっこいい!」などと、ドタキャンなどのマナー低下を憂慮するテレビCMを行っていた。

関連項目[編集]