片翼の天使

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「片翼の天使」の項目を執筆しています。

片翼の天使(かたよく-てんし、One-Winged Angel)とは、堕天使の代名詞である。

概要[編集]

こうして天使は片翼を奪われた

かつてに逆らってその不正を暴き立て、糾弾した正義の天使ルシファーその罪によって片方の翼をもぎ取られ、残った片翼の凶々しさによって地の世界からも忌み嫌われて拒絶され(それを意図して神はあえて片翼だけをもぎ取ったと言われる)、やむなく冥界に身を堕としたことから、闇に堕ちた天使すなわち悪魔の異名として片翼の天使という呼称が用いられるようになったのであった。そして資格を失ってなお天使を名乗る背景には、かつて畏敬と崇拝の的であった頃の栄光が忘れられず、定年退職あるいはリストラされた人間が「元××」と名乗るような気持ちで「天使」という肩書きに執着している心理がそこはかとなく表れているのであった。

末裔[編集]

かくして闇に身を堕とした片翼の天使たち(ルシファーのみならず、その親しかった天使たちもとばっちりを食った模様)は神へ復讐する第一歩として生命の樹(Sephirothic tree)を植えた。これによって地上に「生=」という概念が誕生したためにその副産物として「」も発生し、絶対者である神さえもその因果律から逃れられなくなったところで最終戦争(ハルマゲドン)へのカウントダウンが始まったのであった。一代限りの神(絶対的存在たる神は何者も産まないし、何者からも生まれないため)に対して片翼の天使たちは優生学に基づく遺伝子操作を繰り返し、試行錯誤を続けること156世代目(約1000年以上を要した)にしてようやく究極完全的な個体を生み出すことに成功したのであった。それがセトラ(正統なる存在、の意)にしてジェノバ(正義なる存在、の意)たるセフィロス(Sephiroth)なのであった。

楽曲[編集]

歌の覚え方。

そのセフィロスが神へ対して反逆の戦いを挑み、あえなく敗れ去った様子を空想したプラトンによってまるで見てきたかのように書き上げられた叙事詩がこれも『片翼の天使(One-Winged Angel)』と名づけられ、後にアリストテレス口笛によって伴奏をつけたのであった。ラテン文字によって書かれているが語句や文法はその一切がであり、最初にプラトンが詩を書きつけたも経年劣化によって{{解読困難}}になってしまった。そのため、歌の習得には誰かが唄っているところを何度も聞いて、とりあえず空耳でも何でも覚えたら、口移しに唄って頭に叩き込むしかないのであった。

『片翼の天使』
 
  でん・でん・でん・でん・でん・でん・でん・でん♪
  ちゃらちゃらちゃらちゃらちゃらちゃらちゃらちゃら♪
  でん・でん・でん・でん・でん・でん・でん・でん♪
  ぴーひゃらりらら~ぴーひゃらりらぴーひゃらりら♪
  でん・でん・でん・でん♪
  ぼふぉっふぉ~ ぼふぉふぉふぉふぉふぉ~♪
  ちゃちゃちゃちゃーちゃちゃちゃちゃ~♪
 
  えんさんしめじーひらめーでめきん☆
  えんさんしめじーひらめーでめきん☆
 
  タシロ! (んちゃっちゃっちゃっちゃっちゃっちゃ♪)
  タシロ! (んちゃっちゃっちゃっちゃっちゃっちゃ♪)
 
  大きなリス 平気なリス 大きなリス そうシマリス

  タシロ! (んちゃっちゃっちゃっちゃっちゃっちゃ♪)
  タシロ! (んちゃっちゃっちゃっちゃっちゃっちゃ♪)

関連項目[編集]