牛久駅

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「牛久駅」の項目を執筆しています。
「あいうえおみんなに教える牛久駅のフランス」
牛久駅 について、仲野栄治
「グリーン・グリーンとみだらなオー・シャンゼリゼ」
牛久駅の発車メロディー について、平形卯平

牛久駅(うしくえき)とは、チバラギ共和国北部のなんちゃってフランスの入り口である。

概要[編集]

常磐線に乗ってチバラギ共和国に入って時間が結構立つと感じるくらいになると、車両がいきなり爆走し始める。そして交流区間に入って3個目の駅が牛久駅である。牛久はチバラギ共和国の北部のチャイナタウンならぬフランスタウン(誰もそんなふうに呼んでない)であるが、大仏がある。牛の放牧もありそうだが、過度な期待はしない方が良さそうだ

のりば[編集]

1 常磐線 土浦水戸いわき方面
2 常磐線 我孫子松戸上野方面
  • 2番線には蕎麦屋があったが、フランスらしくしようとした際に壊された。我孫子駅 (千葉県)の方が儲かっていたことも廃業の理由と言われている。その後、待合室が設置された。
  • 3番線は柵が設置され、線路も一部が撤去され保線基地に活用されている。

周辺[編集]

放送関連[編集]

  • 自動放送の類はすべてATOS連動放送が使用されている。そのため1番線ではちっちゃくてかわいい津田英治の声がエコーする。2番線は色々改良された向山佳比子の声がエコーする。
  • 発車メロディーは牛久市による観光振興策として次のような当駅独自の選曲となっている。1番線が「グリーン・グリーン」、2番線が「オー・シャンゼリゼのAメロ」である。蘇我駅のように同じ曲を使用していてアレンジがそれぞれの島で違うならまだしも、一つの駅でなぜサビではなくAメロなのかが疑問である。メロディーの変更というこじつけた理由で西口を「かっぱ口」、東口を「シャトー口」と無理矢理名前を変更した。

関連項目[編集]


Gomen.jpg この「牛久駅」に停車中の電車は、現在運転手がいないため発車できません。運転して下さる乗務員を求めています。 (Portal:スタブ)