牧場物語

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「牧場物語」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「牧場物語シリーズ」の項目を執筆しています。

牧場物語は、パック・イン・ビデオ(現在のマーベラスエンターテイメント)社の牧場経営型シミュレーションゲームである。 辛い現実エロゲ生活から逃れたNEETが心機一転し、とある牧場を経営して金を貯め、社会への復帰を試みる

…といった内容であるが所詮は『働いたら負け』がモットーのNEETなので大抵は一年目(もしくは一か月)で飽きる事が多い。
しかし中には5年目以上続いたツワモノNEETも存在する。
『十円玉が』ではない。『十円玉も』である。

内容[編集]

主人公は毎朝、畑仕事・動物共の世話を通して牧場を開墾させなければならない。

一部例外はあるが基本的に恋愛要素はある。 …が、ライバルとの彼女争奪戦に勝利しない限り一生を童貞のままで過ごす事が義務づけられている為、 もたもたしていると結婚相手が横取りされるケースもしばしばある。 滅多に外出をしないNEETなので最初は外の世界と対人関係に慣れさせなければならない。その為パソコン及びゲームの持ち込みは不可とされる。 NEETにとって見れば、甚だ良い迷惑である。 主人公は基本的に年をとらない、永遠の20歳(笑)である。 因みに学校は存在しない。住民の知性が問われる。

出荷について[編集]

このゲームでは自分が入手した物を換金する事が出来る。
但し、適当な物と言えども出荷出来ない物も存在する。

出荷できるもの[編集]

肉類は基本的に出荷不可。料理の材料も野菜と魚類のみである。
『ミンチメーカー』を購入すると肉類も出荷できるようになるらしい。

出荷できないもの[編集]

その他金を入手する方法に以下のような方法がある

  • 釣りを釣って出荷する方法。長靴や手紙以外の物が大量に詰まった空きビンや空き缶等が釣れることもある。
  • 薬草を摘む…間違ってもあっち関連の薬草を摘んではいけない。それらを持ち帰った場合彼らの標的にされる事はほぼ間違いない。
  • 土地を掘る…土地を掘って金を見つける方法。町長の尻を掘っても何も出てこないので注意。
  • 空き巣…最も楽な方法。ただ、ポリスマンに見つかった場合話は別である。
  • 売春
  • 強盗…巡回中の警察官に見つかる可能性が極めて高い為、難易度が高い。
  • 家畜の売却…『ミンチメーカー』と呼ばれる特殊な機械を使って家畜を換金する事が出来る。
      しかし動物愛護団体に発見された場合『牧場物語』ならぬ『牢屋物語』へとタイトルが変わる。
鳥と戯れる主人公

一日の流れ[編集]

  • 畑仕事
金を貯める手段の一つに畑仕事がある。
  • 動物の飼育
値段がお高い上に飼育も面倒くさい。
  • 増築
ある程度金が溜まったら自宅を増築する必要がある。
金以外にも切株を一定の数まで切って資材を作らなければならない。
  • 住民との会話
人との会話は欠かせない。
何?話す人が居ないだと?壁にでも話しかけてみろ。
  • 買い物
序盤は生活用品を全て手にいれる必要がある。
  • 恋愛
え?何それ美味しいの?
もっとも主人公がウホッ…であるなら話は別だが。

一年の流れ[編集]

新年祭…ゲーム開始日。
花祭り…釈迦の誕生を祝う祭り。
海開き
収穫祭…収穫した野菜を住民同士でぶつけ合う祭り。住民のストレス発散の為に毎年村長が企画している。祭りとあるが実際はエクストリームスポーツである。
卵祭り…収穫祭だけでは物足りない住民の為の祭り、ひよこ陛下に見つからないように民家の窓ガラスに卵を投げ付ける事で快感を得ることが出来る。
感謝祭…クリスマスのこと、彼女が一人も居ない場合は無縁である。
星夜祭…これも彼女が一人も(ry

シリーズ作品[編集]

すべての原点。ここではまだ稲作が伝わっていない為、狩猟採取による生活を営んでいた。
これまでになかったわけのわからないゲームということで当時は不評だったらしい。
午後6時で時計が止まるという致命的な構造ミスあり。
主人公は女性であるが男性版も存在する。ここでようやく文字が発明され都市国家が完成する。
ゲームボーイの電源を切ると自動的にセーブされるのでリセットできないという罠。
初めてリュックサックを使用可にしたゲーム。
グリコのオマケ。
ガール版も存在する。
基本的に3年目までだが特定の条件を満たすと4年目以降も遊べる。
結婚したらいつの間にかオワタ!なゲーム。
何故か青木ヶ原樹海が登場する。
名前とは裏腹に、結婚は許されない。
ガール版も存在する。よく見ると『見ネラルウンのかまたち』となる。
ゲーム名でも分かるように微妙なホラー要素あり。(13日の金曜日または午後4時44分にテレビを着けると・・・)
ガール版も存在する。
30年の月日をワスレ谷で過ごすゲーム。
牧場を建てる場所を選択出来る。
女の子版あり。
鎖国状態が解かれた事により主人公はここでようやく世界へと足を踏み入れた。
ライバルと結婚できるようになるということをウリにしているが結婚すると即エンディングになるためその後を楽しみにしていたプレーヤーを唖然とさせる結果になった。
ここでようやく稲作が伝わる。
ついにWiiでも登場!
存在を闇に葬られた。
「キミと育つ島」のキャラクターが登場する。
バグゲー、子供を一度に2人生めたり着せ替えもできるらしいが洗濯が出来ないので不潔である。
店を開く事が出来るが名前入力で(教育的に)関心しない単語が弾かれると言うバグも報告されている。
レジャーランドの破壊と大規模農園の建設が目的のゲーム
とある店の経営が目的、あれ…牧場は…?
和洋折衷がテーマ、牧場経営そっちのけで村長の和解に専念する事を住人に強要される酷なゲーム。
名前だけ新しくなった牧場物語。これまでとは違った爽快感が味わえる。
RPGの主人公達に潰されたモンスターを育てることが出来る。
イノセントライフの移植。
2010年夏に始まった課金制オンラインゲーム、無料です!

関連項目[編集]


この項目「牧場物語」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)