牧野由依

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

牧野 由依(まきの ゆい 1986年1月19日-O型)とは、日本の声優兼ピアニスト。所属芸能事務所はエロオヤジヲタ系実力派若手俳優も在籍するアミューズ。日本はおろか世界でも例のない声優兼業ピアニストとして注目が高い。

略歴[編集]

実は芸歴が長くて、子役出身である。その子役活動中にピアノを習い始めたそうな。

その後、大学在学中に菅野よう子という坂本真綾の歌手としての育ての親であり、アニソンの世界でも有名な作曲家に目をつけられ、創聖のアクエリオンのエンディングを歌うこととなる(歌手活動の詳細は後述)。同じ年にツバサ・クロニクルのサクラ役を獲得して本格的な声優活動の幕を開けた(ただし、前述の子役活動時代にも多少の声優経験はある模様)。

声質は非常にかわいい。声優の場合、声はかわいい(orきれい)な人に限って容姿がそうでもない人が多いが、この方の場合は容姿もかわいいので、これまためったに見られない現象である。PVは一度見たほうが良いと思うよ。ただし声質、容姿の感じ方は当然人それぞれなのでなんとも言えない。

2008年に大学卒業。東京音楽大学らしい。そのことからこの方も結構なお嬢様であるとの推測が発表された。友人でもあるお嬢様井上麻里奈さんもさぞかし驚いたに違いない。これ以降は声優業をさらに活発化している。

名前について[編集]

名前は決して、「牧野由衣」としてはならない。禁じ手である。

しかしながら、一部のCDショップやアニメイトに行くと比較的頻繁に「牧野由衣」と誤植されているのを見かける。そういうときは店員さんに突っ込んで上げましょう。「牧野由依の“い”は、依頼の“依”ですよ!」と。

また、あだ名についても注意が必要である。頭の固いほうの記述によると、あだ名ではゆっちまきまきが記されているが、当局ではゆっちの使用を推奨する。その理由は、まきまきと言うあだ名が浅野真澄の暗躍によってまきまきぴーにされてしまったためである。

やさぐれ歌姫?[編集]

ある時からその容姿や歌声とは裏腹にやさぐれる発言や行動が目立ち、やさぐれ歌姫と呼ばれるようになってしまった。 一因として音大生のころに鷲崎健から変な男と付き合いませんようにと釘を刺されたにもかかわらず その一年後に失敗したことが挙げられるだろう。(出典:2015/10/02 鷲崎健のTHE CATCHより)

歌手活動[編集]

特筆すべき歌手活動。この記事を書いた2009年8月現在、7枚のシングル・2枚のアルバムをこの世に送り出している。声質は相変わらず。

彼女の特技であるピアノの威力は、ここで遺憾なく発揮するのは言うまでもない。自分自身で作詞・作曲するのは当たり前になってきた(最近は堀江由衣氏も作詞・作曲している)のでもう特筆事項ではなくなったが、弾き語りしちゃうんですよ、この人。本人も雑誌などで「弾き語りは難しい」と語っているので、この技は到底他の声優がなせる業ではない。ピアノソロの曲もありまっせ。

2009年現在は、事務所を移籍したり、レコード会社との契約をいったん終了したりして歌手活動は比較的控えめであるが、2010年に契約したレーベルはソニーミュージックでもアニメ寄りのアニプレックスGloryHeavenではなくエピックレコードであるのは特筆に値する。。それでもキャラクターソングなどには参加している模様。さらに7月にはパリでコンサートを開催、さらに東京でもコンサートの予定がある。

評価[編集]

著名人による評価[編集]

「色々カブりますけど、負けませんよ~。」
牧野由依 について、松下奈緒

一般人・凡人・下人による評価[編集]

youtubeの「横顔」の弾き語り動画を見た人々。

  • 「透明感のある声」
  • 「弾き語りなんて漏れには出来ん」

基本的にその声質は高く評価されている上に釘宮病のような危険因子はないので安心してほしい。

出演作品[編集]

お堅い百科事典でも見てきてください。あの作品も迎えてくれる、あなたのことを。そう、きっと。

どんな曲を出したの?[編集]

横顔

本人名義のみを記す。

シングル[編集]

  1. アムリタ(2005年8月18日) -デビューシングル。映画と1stアルバムのラストを飾った。
  2. ウンディーネ(2005年10月21日) -ARIA関連の最初の曲。ここから漕ぎ出したのだ。
  3. ユーフォリア(2006年4月26日) -ARIA関連その2。PVは有明あたりで撮影したっぽい。
  4. もどかしい世界の上で(2006年10月25日) -日本放送協会日本引きこもり協会にようこそ!のエンディングその2。筆者はこの曲でこの方の魅力にはまりました。
  5. スケッチブックを持ったまま(2007年10月24日) -スケッチブック 〜full color's〜のエンディング。
  6. synchronicity(2007年11月21日) -牧野さんらしくない曲として有名らしい。
  7. スピラーレ(2008年1月23日) -ARIA関連その3。スピラーレを和訳すると螺旋

アルバム[編集]

  1. 天球の音楽(2006年12月6日) -作家さんたちが豪華なことで有名。声優ファンならもっていたほうがいい1枚らしい。
  2. マキノユイ。(2008年3月26日) -初めてカバー曲を歌ったりしている。このアルバム4曲目の「横顔」は、Google先生もお勧めの名曲。全米が泣いた

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「牧野由依」の項目を執筆しています。


Hetaria.jpg この項目「牧野由依」は声優に関連した書きかけ項目です。この項目に加筆する場合は、あなたのお気に入りキャラ中の人の生態が連鎖的に暴露され、あなた自身が抱く幻想の崩壊や黒化を招く事を覚悟して下さい。 (Portal:スタブ)