トクテン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

トクテン(学名:Privilegium)は、ケシ科トクテン属の多年生植物。日本ではあへん法で栽培を規制されているには含まれない。特典と漢字を当てられることが多い。

形態[編集]

高さは3cm程度の小型のものから1mを超える大型のものまで多種に及び、いずれの種も生長すると大型の果実を付ける傾向がある。この果実も種によって多様な性質を持つ。種によっては薬品となったり、食用や鑑賞用とすることも出来るが、いずれの種も葉や茎に少量のアヘンアルカロイドを含むためヒトが一度に多量に摂取すると中毒症状を引き起こす。

どの種も抗酸化作用を持ち、酸化防止剤として使用される。特にCD雑誌などの保存に大きな効果を発揮するため、トクテンが同封されたCDや雑誌は売れ行きが好調になる傾向がある[要出典]

分布[編集]

日本のみに分布している。古来から日本各地で栽培されてきたが、本格的な大量栽培が始まったのは1990年代頃からである。2006年には日本の秋葉原四十八号科学技術研究所生物科学班が独自の大量栽培技術を発見し、現在では一時的ながら100万個/日もの果実を採取することにも成功している。

トクテン属の種の一例[編集]

トクテン属の植物の種の総数は数百種に及ぶといわれている。以下に挙げるのは現在多く栽培されているものの一例である。

シリアルコード[編集]

高さ3cm程度の小型種。果実の依存性は低い。

ポスター[編集]

高さ50cm〜1mにも及ぶ大型の種。果実の表面に華やかな模様があることが多く、観賞用とされる。果実の依存性が比較的強く、果実から空気中に発せられる少量の果汁を吸引するだけで依存症にかかる可能性もある。

アクシュケン[編集]

高さ10cm前後の小型の種。秋葉原四十八号科学技術研究所で大量栽培に成功した種。果実に強い殺菌・消臭作用があり、オタクの手すらアイドルに握手を求められるレベルに浄化されるため、薬品として利用される。

チュウセンケン[編集]

アクシュケンと外見が非常に類似している。こちらは依存性が非常に強く、一度触れただけで数十〜数百回再使用しなければならなくなる可能性がある。

規制の動き[編集]

近年、保存用としてCDやDVDなどに同封された依存性の強い種のトクテンにより依存症に陥り、トクテンのみを目的として多数のCDやDVDを購入する依存症患者が増加している。また依存症による大量購入を狙い、依存性の強い種のものを大量に同封してCDやDVD、雑誌などを強引に販売する「トクテン商法」を行う業者が後を絶たず、社会問題化している。そのため近年オリコンなどの音楽業界を中心にトクテンを規制しようとする動きもあるが、トクテンの規制がCDの売り上げ減少、さらには音楽業界の縮小に繋がる可能性があるため規制は進んでいない。

関連項目[編集]

Wikipedia
ウィキペディアンがとても偏っている証拠に、「特典」の項目はまだありません。アンサイクロペディアンとの格の違いを見せつけてやりましょう。