「零点」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
2,083 バイト追加 、 2013年6月23日 (日) 16:54
編集の要約なし
:一点も点を取ってはならず、つまり、選択式の問題も一つもあっていてはならない。
:ただ、本気を出しているかどうかは、[[大相撲]]の[[八百長]]を見抜くよりも、うんと難しい。
 
==何故取ることが難しいのか==
以上のようにいくらでも取る方法はあるのに何故取ろうとしないのか。それにはさまざまな理由があるとされている。
;両親から怒られるから
:零点とはつまり最低の点数である。ということは全ての人から比べて圧倒的底辺に位置するということになる。両親からすればそれに耐えられるはずも無く超時間の説教・お小遣いの減額あるいは没収・[[虐待|躾]]・勘当などの罰を用いて二度とそんな点数が取れないようにしてくる。これに関しては[[のび太|真面目な零点保持者]]が少年少女に知らしめている画ゆえほとんど全ての人間が認知していることである
;いじめられるから
:上記同様零点を取れば圧倒的底辺となる。それは学校内についても同じである。そして底辺の人間は[[いじめ]]られる傾向が強くなりひいては死んでしまう。これは現実でも起こっていることであり少年少女を戦慄させている。
;先生の態度が冷たくなるから
:生徒にとって教師は絶対的な存在である。将来の進路・学校生活・部活動その他もろもろに関して手を焼いてくれる。しかしその加護がないと学校社会では生きていけなくなってしまう。これもやはり現実でも起こっていることであり少年少女は日々恐怖しつつ暮らしている。
;社会的に落ちぶれるから
:零点を取ると内申点は激減する。そうなれば果ては[[自宅警備員]]であり同時に社会的底辺に本当についてしまう。これに関しては世界中どこでも起きていることなので全ての人間が知っているはずだ。
 
上記以外にもさまざまな理由がありその結果零点は取りにくくなっているとされている。だが、それでも採ったものは勇者とたたえられ待つ代まで語り継がれることになる。
 
==関係者の証言(抜粋)==
484

回編集

案内メニュー