特訓

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちによって「特訓」はリダイレクトページになっています。変なページに飛ばされるので、クリックしても意味はありません。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「特訓」の記事を執筆しています。

特訓(とっくん)とは、膨大な負荷をかけることにより対象に強力な化学反応を起こさせて進化させる行為。

概要[編集]

後輩を成長させるため特訓する先輩。

有機物無機物問わず、物体は負荷に対して反作用を起こす性質がある。生物の場合は恒常性維持機能と呼ばれ、外部からダメージを受ければそこに瘡蓋を作ったり筋繊維を強化するなどの反発作用を起こす働きとなっている。つまり内外で発生する負荷に対し、逆ベクトルの現象を起こしプラスマイナスゼロにしようとするのである。しかし裏を返せば、なまなかな事では大きな変化を起こすことは出来ないと言う事でもある。そのジレンマを力尽くで解決するのが、特訓と呼ばれる行為である。

反作用を起こしても元の状態に戻せない程の大きな負荷を与える事で、非可逆性の性質変化を起こし「進化」へと導く。勿論それが有益なものであるとは限らない[1]が、大幅なブレイクスルーがもたらす結果というのは常にそういうものなのだから仕方がない[要出典]

特訓の例[編集]

特訓とは多岐に渡るが、例えば受験生に対しては「一年365日24時間休まず勉強させ続ける」という特訓が有名。この手法は受験生以外にも応用が効き、ビジネスにおける成功例を検証する『銀のアンカー』では「一年365日24時間かけて打ち込めば、何にでもなれる。出来ないというのは努力が足りないだけ」と記されている。

武術家であれば100人1000人相手に組手をさせ、倒れたら竹刀で叩き起こし来る日も来る日も血の小便が出るまで特訓を続ければ必ず世界を征する漢になれる[2]。生きるか死ぬかの極限でこそ芽生える奇跡の力を呼び覚ます、そこへ至る全てが特訓と言えるのである[要出典]

脚注[編集]

  1. ^ 例えば「」は非可逆性の大きな変化ではあるが、有益とは言い難い。
  2. ^ 若しくは死ぬ。

関連項目[編集]