猫カフェ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
ある猫カフェ入り口の指名用ボード。
指名しても「他店に移籍しました」といわれることもある。詳しくは本文参照。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「猫カフェ」の項目を執筆しています。

猫カフェ(ねこ-)とはを楽しむためのカフェ(喫茶店)である。

通常はねこちゃんを鑑賞したり撫でてあげたり、かん袋に押し込んでサッカーしたり、場合によっては吸引してみたり、まったりと味わってみたり、様々な楽しみ方がある。

概要[編集]

世界初の猫カフェは、1998年[1]に開店した台湾台北市「猫華園」である。「四本足ならと椅子以外は何でも食べる」という中華料理文化圏[2]に開業した店であったため、猫はもっぱら味わうものだったのではないかとの憶測が伝えられている。

日本では2004年に大阪市で最初の店が開業し、その後関西圏・首都圏などを中心に20店舗以上に広がっている。料理と同時に猫も取り扱うため、飲食店営業許可のほかに動物取扱業として登録する必要がある[3]

日本での営業形態[編集]

投げ猫あそび
別室に用意された猫

ネットカフェと同じように時間制料金である場合が多いが、猫を消費する場合には特別料金が必要となる。定員を設けてある店舗も多く、入店制限があるため一種の会員制飲食店めいた雰囲気がある場合も少なくない。また、初めての来店者は、猫の取り扱い方について店員から詳細な教育を受けさせられることが多いのも、特殊な雰囲気を醸成する一因であると指摘されている。

入店後は、必要であればコースを指定した注文を行う。この際、猫を愛玩する一般客と異なる希望を申し出た客は、別室に案内され、猫サッカーをするなり、吸引なり、味わうなり、人目につかないような楽しみ方をできるようになっている。なお、高層建築物から猫を投げ落としたりして事件[4]となることなどを防ぐため、お持ち帰り(テイクアウト)は禁止されている。

問題点[編集]

猫耳メイドの典型。良識ある猫カフェの常連は、こんな羨ましいつまらない店には絶対に行かない。

猫耳カフェと猫カフェを混同して入店した若い男性客[5]から、猫耳メイドがいないじゃないかとクレームがつくこともしばしばである。また、気分・体調によって出勤(?)しない猫もいるので、常連客が特定の猫を目当てに来店しても、空振りに終わることもある[6]

多くの店ではより収益を上げるため、その店のアイドル的な猫をブログや動画投稿サイトにアップロードするなどの経営努力を行っているが、素人による猫ブログや猫動画があまりに多いので埋没していることも多い。殉職した猫が出た場合などは、「他の店に移籍しました」などと偽ることも多い[7]

猫の健康管理と同時に料理の衛生管理の双方を両立させることが難しいため、猫料理だけを提供する店舗が存在している[8]

脚注[編集]

  1. ^ 台湾独自の十二支では猫年らしい。
  2. ^ 反動物虐待法案
  3. ^ 猫を生ではなく料理して提供する場合は、飲食店営業許可のみでよい。
  4. ^ 猫投げ
  5. ^ 若くない場合もある
  6. ^ もっとも、猫を溺愛する人は、猫の気まぐれは承知の上なので、クレームをつけることはないと言う。むしろ、お目当ての猫が出勤するまで常連客が再来店するので、かえって集客効果がある。
  7. ^ 人間と違って自由意志での移籍はありえないはずだが、意外と信じる客もいると言う。なお、移籍先の店を確認しようとした客は、その後の消息が途絶えると言う噂もある。
  8. ^ 実は猫吸引と猫料理の話は聞いた話に過ぎないのだが、信じるか信じないかはあなた次第である。なお、某ファストフードチェーンとは全く関係がないきっと。たぶん。でも…。もしかしたら…。

関連項目[編集]

特殊な喫茶店(カフェ)

猫料理 / 50音順