猫投下作戦

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

猫投下作戦(ねことうかさくせん、Operation Cat Drop)は、1950年代に世界保健機関(WHO)が展開したボルネオ島民救出作戦。

その実像は一般に伝えられるものとは違っている。

経緯[編集]

1950年代、ボルネオ島民はマラリアに苦しめられていた。世界保健機関はマラリアを媒介する殲滅するため殺虫剤DDTを散布した。マラリアは減ったが、DDTで死んだ蚊を食べたヤモリネコが食べ、ボルネオ島のネコが激減した。ネコを食べていたウンピョウも激減した。ネコがいなくなり、の開花が重なってネズミが大量発生し人間を襲い始めた。責任を問われた世界保健機関はイギリスに支援を要請、陸軍第22SAS連隊と王室空軍による島民救出作戦を展開する。

発動[編集]

ボルネオ島はイギリスとオランダが分割して統治していたが、第二次世界大戦中に日本によって占領されており、イギリスは大規模な勢力を送り込むことができなかった。世界保健機関は科学的な見地から、激減したネコを増やすことを提案。さらに当時ボルネオに駐留していた第22SAS連隊にネコの訓練を依頼、効率的にネズミを殺せるキリングマシーンと化したネコによる空挺作戦が決定した。

14000匹のネコ[編集]

一般には14000匹のネコが作戦で投下されたとなっているが、事実は違う。イギリス本国から送られてきた14000匹のネコは、ボルネオにおける訓練でほとんどが死亡したのである。熱帯雨林での訓練中ではニシキヘビやワニに食われたり、ゲリラ傭兵に撃たれカレー粉をかけられて食われたりした。降下訓練ではパラシュートから抜け落ちて転落死する事故が続発した。最終的に訓練を生き延びて修了したネコはわずか20匹であった。

地獄の投下[編集]

当初は個別にパラシュートによるHALO(高高度降下低高度開傘)降下をするはずであったが、悪天候により中止された。しかし、世界保健機関は彼らを籠に入れて補給物資とともに一つのパラシュートで投下することを要請した。

1960年3月13日、王室空軍機により補給物資とともに20匹のネコが投下された。パラシュートは開かず、オペレーション・キャット・ドロップは最悪の結末をむかえた。

伝説は語り継がれる[編集]

オペレーション・キャット・ドロップは世界保健機関にとっての恥部となった。この事実は隠蔽され続けてきたが、ネコたちの降下訓練を目撃した島民たちは、パラシュートにぶら下る木彫りのネコを作って人々に彼らの勇姿を語り継いだ。彼らは我々に訴える。


環境問題をその場しのぎで解決するのはやめてください


20cats.jpg

ロレンソ   マット   ティム    スラッシュ   レイ
ツィッタ   ロイ    タミー    アンディ    J.J.
フィリップ  ヤン    トラヴィス  クート     ミュラー
レイジー   クライン  ダン     シモン     ズゥ
この記事を14000匹の勇士たちに捧ぐ。


関連[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「猫投下作戦」の項目を執筆しています。