玉水物語

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

玉水物語(たまみずものがたり)とは、日本の古典短篇小説の一つ。

概要[編集]

室町時代に書かれたと言われているが作者等は不詳である。 今日の萌え属性の一部とされる百合ケモノ男の娘の原点とも言える作品であったが、その内容は余り知られることはなかった。 しかし、後述のように2019年(平成31年)1月、大学入試センター試験で出題されたことで突如脚光を浴びることとなった。

あらすじ[編集]

オスのが15歳の姫君に恋をした。男性に化けて近付いた場合に問題があると判断した彼は、女の子に化けて姫君に近付いた。 彼はなんとか姫君と仲良くなれたのだが…。

突然の脚光[編集]

今日の萌え属性の一部とされる百合ケモノ男の娘を網羅した日本で初めての作品であったにも拘らず、その内容は一部の古典マニアにしか知られていなかった。

しかし、2019年(平成31年)1月19日に大学入試センター試験で古典の問題として出題されたことで全国の大学受験生とりわけその手の趣味のある生徒たちが試験中鼻血を出すなどして受験生以外の間でも大きな話題になった。 一説によれば、出題者はその前々年・2017年(平成29年)に大ヒットした『けものフレンズ』のファンではないかとも言われている。

当然、萌え業界が本作を見逃すはずもなく、萌え漫画雑誌として知られる『まんがタイムきらら』も、ストーリーを大幅に補充したうえでコミカライズ版を掲載することを決定した。

同時に、昨今新たに現れたと思われていた様々な萌え属性は、実は大昔からある属性が今に続いていただけであることを再認識させられた。 結果、今ある様々な萌え属性を扱った古典作品を探索・研究する国文学者を志願する者が増えると言った現象も起こった。

外部リンク[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「玉水物語」の項目を執筆しています。