玉音放送

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情ナントカ還元水が必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。

玉音放送(ぎょくおんほうそう)は戦争に負けちゃった大日本帝国に対してブチ切れちゃった天皇陛下による有難いおしかりのおことばである。ここにその内容を示すが、今時のゆとり教育で脳みそがプリン並みに無内容になっているダメな若者のために口語訳してある。

概要[編集]

このおしかりの言葉は大日本帝国が第二次世界大戦において所謂鬼畜米英に敗北した1945年8月15日正午ちょうどにラジオで発表された。なおこの時の聴取率(視聴率)はおよそ100%である。これは国民的番組とされる紅白歌合戦の視聴率がせいぜい数十パーセントであることを考えると驚異的な数値だろう。

当時の光景を記述した資料によると、当時の日本人でもこのおしかりの言葉を全て理解できた者は少なく、雰囲気によって理解した者が大多数であるとされる。なお、以下の口語訳は中岡元が訳した物が元であると考えられている。

口語訳[編集]

Quote1.png 俺マジで世界の体制と帝國の今の状況考えてさ、少々やべぇ措置使ってもこいつを收拾しねぇとな、って思ってちょいと真面目さんな爾臣民に言っちまうわけよ。

俺は無能な帝國政府にさ、四國が出してる共同宣言さっさと受けろっつたんだ。

だいたい帝國臣民の康寧を圖ったり萬邦共榮を一緒に楽しもうぜ、ってじいちゃんも言ってたし、俺もずっと頑張ってきたんだ。 前に米英二國に戦争吹っ掛けたのもまあ帝國の自存と東亞の安定とを願ってやったんであって他國の政府潰すとか土地をもらっちゃえとか、ぜ、全然思ってなかったからな。 けど開戰から四年も経ったし俺の陸海將兵が頑張っても俺の百僚有司が頑張っても俺の一億衆庻が頑張っても負けるばっかでどこの国も味方してくれないんだよね。 しかもあの、ほら何処とは言わないけどあの国が新製品だ! とか言っちゃってガチでヤバイもんを落としやがって何人死んだかわかんねぇ上にそもそも何が起きてんのかもわかんねぇぐらいになってんだ。 多分まだ戦い続けたらマジで日本人全滅まで行くと思うしさ、下手すりゃ人類も全滅だぜ? そうなったら俺は日本を終わらせた天皇なんて呼ばれちまう。わーんじいちゃんに見せる顔ねぇよ。わーんわーん。

ってわけで俺は帝國政府に共同宣言をさっさと受けろ、って言ったわけよ。 俺は帝國と一緒に東亞を解放しようって戦ってくれたみんなには「残念だった、またやろうな」としか言えないけど…。 それから帝國臣民には戰場で死んだり職場で死んだり他にも色んな方法で死んだ奴がいて、その家族のことも考えたら俺マジで申し訳なさに死にそうになる。ほ、本当だって。 それに怪我したり家が焼けたり仕事がなくなっちまった奴のこともちゃんと考えてるから。ほ、本当だって言ってるだろ。 いやーでもこれからの帝國はヤバいよ。ありえねーぐらい苦しいと思う。 俺もそれはわかってるけど俺はその、せ、世界の流れっての考えてさ、今は苦しいけど未来は明るいって信じてるから。 俺の地位も何とか残りそうだし、臣民のみんなは真面目で俺のこと裏切らないって信じてる。ずっ友だ。いつまでも一緒! だからやけくそになるのはやめてくれ。同士討ちなんかして世界からの信頼と俺の地位がなくなったら困るだろ? せいぜいみんな一つになって日本は不滅、道はきついけど協力して未来を作ろう、この借りはいつか絶対に返して、世界の強国になってまた戻ってきてやるぜ! っ感じで行こう!

臣民のみんな、頑張ってね!

裕仁 (ハンコ)

昭和二十年八月十四日

Quote2.png

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「玉音放送」の項目を執筆しています。


この玉音放送は、まだまともに放送されていません。放送してくださる協力者を求めています。 (Portal:スタブ)