珠洲市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「珠洲市」の項目を執筆しています。

珠洲市(すずし)は、能登地方に位置する都市である。色々な意味で石川県の避暑地である。酢寿司ではない。

人口は100hyde人くらい。本州にある市では最小。野々市と引き換えにもう町にしてもいいんじゃないかな。

概要[編集]

石川県の最北端」「能登の最北端」に位置するようにみえるが、実は舳倉島を持つ輪島市が最北端。正しくは、珠洲市は「能登半島」の先端。その半島の先端である禄剛崎には、ウラジオストクまでの距離看板がある。

対して輪島駅の看板は北隣の駅名として「シベリア」と表示がある。しかし、輪島市は珠洲市よりも先に鉄道が撤退してしまった。

近隣では合併で能登町なんてのが生まれたが、そんなの気にしない。佐渡市との合併を試みたがこれは失敗に終わっている。

あまりにも人口が少ないので、2010年7月24日にアナログ放送が終了してしまった。

交通[編集]

鉄道[編集]

のと鉄道能登線
正院-蛸島、約1キロ
不定期で臨時列車が運転している。経営難のため運転士が確保できず、運転体験と称し、相応の金を払った素人に運転を委託している。保線係員も確保できないので市民に委託している始末である。
かつては穴水まで約60キロ線路が繋がっていて定期列車が走っていたが、利用客減で廃止となり、線路も分断された。更にその前には金沢から直通列車も走っていたが、利用客減で(ry

道路[編集]

珠洲道路
能登有料道路の終点から能登空港ICを経て接続している。これができてから車での移動がかなり楽になった。のどかな農村の風景が広がる中、70~80キロまたはそれ以上で爆走する光景はなんとも不思議である。

航路[編集]

かもめ
カーフェリー。飯田港と佐渡を結んでいる。
あかしあ
飯田港と佐渡を結んでいる。
軍艦見附
珠洲市鵜飼の海岸に常時浮かんでいる。岩でできた天然の桟橋で結ばれている。能登の平和が脅かされる事態が起きたとき、起動するはずだ。

空港[編集]

能登空港
それまではおよそ200km離れた小松空港まで行く必要があったが、現在は50kmほどにまで短縮された。これによって東京までの所要時間は約6時間から約3時間に短縮された。但し羽田便しかなく、大阪や名古屋へ行くには結局、まず金沢駅まで3時間ほどかけてそこから特急で更に3時間かかる。羽田便も1日2便だが、中標津稚内石見よりは多いだけマシだろう。

バス[編集]

北鉄奥能登バス(元、奥能登観光開発)
誰かさんが鉄道を粉砕したため、急に路線が増えて仕事も増えた。バス会社にしてみればウハウハかと思ったが結局過疎過ぎてどうしようもなくなった。結果的に穴水~珠洲鉢ヶ崎を3時間近くかけて結ぶとんでもないローカル路線バスが生まれた。以前は金沢~白峰など長くても2時間弱程度。

学校[編集]

大学
なにそれ?イモ?ここに生まれたが最後。付近に大学なんてない。朝早くに一番近い大学に向けて出発しても、着くのは昼過ぎだろう。定期代も馬鹿にならない。
高等学校
飯田の1校。もはや高校があること自体が奇跡に近いかもしれない。昔は、珠洲実という高校があった。
有名大進学を目指したいがり勉君は90km離れた七尾まで通わなければならない。のと鉄道の廃止によって珠洲を離れるがり勉君が増えたとか。
大学も専門学校もないが農業や漁業ならプロがたくさんいる。後継者不足に悩まされている状況であるが故、喜んで極意を教えてくれるだろう。直接学ぶべし!!

名所[編集]

  • 見附島

島だと言われているが間違いである。あくまでこれは島にカモフラージュした軍艦である。

  • ゴジラ岩

岩だと言われているが間違いである。あくまでこれは岩にカモフラージュした怪獣である。

  • すずの湯

奥能登では数少ない温泉レジャー施設。気軽に利用するには驚くほど高すぎる。

  • ランプの宿

明かりは全てランプで幻想的で感動しました。海岸の露天風呂からの絶景が素晴らしいです。・・・というのは単なる捏造旅行ガイド口コミであり、表の姿。裏の姿は検閲により削除

  • サークルK

奥能登では数少ないコンビニ、石川県最北端のコンビニ。貴重すぎてコンビニすら名所である。

  • 8番らーめん

奥能登では数少ないラーメン店。貴重すぎてラーメン店すら名所である。

珠洲から最も近い家電量販店。車で約1時間。

珠洲から最も近いマック。車で約2時間。朝マックを食べるには家を朝7時頃までには出ないとダメだろう。そして家に帰ったらもう昼過ぎである。七尾にあるモスバーガーの方がちょっとだけ近い。

珠洲から最も近い吉野家。車で約3時間。朝定食を食べるには朝7時半頃までには出ないとダメだろう。そして家に帰ったらもうおやつどきである。七尾にあるすき家の方がだいぶ近い。

能登最大の娯楽施設。車で2時間半ほどかかる。映画を見るならここへ行くしかない。まあ、旧作でも子供向けでも何でもよければ市営の文化施設で時々上映しているかもしれないよ。

  • 金沢市中心部(金沢駅前のフォーラス、片町、香林坊など)

有名ブランドの店とかもそれなりに揃っている石川県最大の繁華街。車か高速バスで約3時間半。もはや日帰り旅行のレベルである。 でも車で3時間半もかけて行くくらいなら、車で1時間の能登空港から飛行機で約1時間の東京へ行ってしまった方がいいかもしれない(但し1日2往復のみ)。

問題点[編集]

珠洲市が抱える最大の問題は他の過疎地と同様、少子高齢化である。ここは都会の人が見たらびっくりするくらい何もないところである。テレビの企画とかで東京のギャルに珠洲市内で1週間滞在させたら、本当に死んでしまうかもしれない。国民の大半が当たり前に利用しているような店が当たり前のようにないのである。映画を見に行くということもマクドナルドのハンバーガーを食べることも日帰り旅行。東京へ遊びに行くときは最低でも3日くらいは休みを取ったほうがいい。大手ファミレス・レンタルビデオ店・牛丼チェーン・家電量販店、探しても見つかりません。待ってても誰も出店して来ません。こんな状況なので当然のごとく若者はほとんど遠くに行ってしまう。そこで、珠洲市では毎年ボーイスカウト達を集めて大規模な集会を行っている。少年たちが一同に集まるその光景は、その筋の人にはたまらないかもしれない。

交通アクセス[編集]

  • 金沢から特急バス
  • 金沢から七尾線に乗って穴水から路線バス
  • 金沢から高速バスで新潟か特急で直江津へ。そこからフェリー乗換、佐渡からタライ舟乗換
  • 金沢から特急バスで小松空港へ。そこから飛行機で羽田。羽田から能登空港へ。
  • 金沢の近くのからのと里山海道
  • 金沢からバイク
  • 金沢から自転車
  • 金沢から徒歩

関連項目[編集]


この項目「珠洲市」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)