現代用語の基礎知識

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Tennnouninnka.jpg
畏クモ天皇陛下ハ御自ラ全臣民ノ爲ニ
本項ノ全内容ヲ天覽遊ハサレタリ
Naval Ensign of Japan.svg 大本營認可
本項ノ全文章及全内容ハ完全ニ正シキ事實トシテ大本營ニ依リ認可セラレタリ
全臣民ノ爲ニ畏クモ現人神タル天皇陛下ハ御自ラ本項ニ御目ヲ通サレ給ヘリ
此ノ項目ノ内容ヲ疑フハ現人神タル天皇陛下ヲ疑フト同義ニシテ
誤リタル思想ヲ持ツトセラルヽ場合ハ政治犯思想犯トシテ内亂罪ノ對象トス

現代用語の基礎知識(げんだいようごのきそちしき)とは、この書の対象のごく一部である、これまたごく一部のネット住民の理解するところ、主に日本のインターネットからコピペした言葉や文章をまとめただけで何の役にも立たない辞書のことである。

概要[編集]

第二次世界大戦中の1943年に第一版発行、以降毎年年末に発行されている。発行当初から専門的な用語と、世俗的な用語のいずれも特別な区別をすることなく載せているのが特徴である。(これは編集者がもっとも強く意図したもののひとつである)だが、近年、インターネットスラングが頻繁に載るようになってから、元から本書が俗的な用語を載せまくっていることを知ってか知らないか、そもそも知るつもりも米粒ほどもないのか、それとも自分では閉鎖的で特別だと思っていた所属するコミュニティーから発生した言葉が載って気恥ずかしいのか分からないが「レベルが落ちた」など、本書に対する妄想を貫き通した批判もあるが、そんな彼らは来年もネタを供給するのである。

効果[編集]

ネット上からの情報を収集し本にしただけのこの本だが、実際はウィキペディアの思想の一つ「出典の無い事柄は載せない[要出典]」を看破するために役だった。通常、"ニコニコ動画の内輪ネタはニコニコ大百科でやれ"という感じで利用者の間の暗黙のルールは出典が無いために記事に載せる事が出来ない。だが、こうやって書物にしてしまえば「この書物を出典にしている」と言い侵攻する事が可能である。ウィキペディアンには書物の内容の検証・批判までは許されないため、今までこの系統の情報を削除してきた奴の多くがファビョって憤死しただろう。ルールによって豪気に支配していた所を自爆した哀れな姿が目に浮かぶ。

そのため、今後「出典が必要だ」と言われた情報は書物にしてしまえば簡単に載せれるのでじゃんじゃん書物化を進めると良い。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「現代用語の基礎知識」の項目を執筆しています。


この項目「現代用語の基礎知識」は、執筆者自身は結構気に入っていますが、どう見てもクソの山です、本当にありがとうございました。ダチョウ倶楽部に訴えられないうちにとっとととりかえることをお勧めします。 (Portal:スタブ)