生麦

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
生麦を心から愛す生麦部。

生麦(なまむぎ、NAMAMUGI)とは、インドを中心とした熱帯アジア原産の多年草である。世界中で人気がある香辛野菜で、肥大した塊茎を利用して料理などに使う。日本中国の家庭でよく用いられる。

概要[編集]

種類もいくつかあり、辛さが違ったり、色が違ったり、大きさが違ったり、食べ方が違ったり、食べる人が違ったり、作られるまでの過程が違ったり、作られる場所が違ったり、育てられ方が違ったり、食べられる人が違ったり、性格が違ったり、生い立ちが違ったり、一緒に食べられるものが違ったり、栽培に使われる土が違ったり、農家の人が違ったり、作られる国が違ったり、家族構成が違ったり、種の形が違ったり、賞味期限が違ったりする。でもみんな違ってみんな良い

日本には2世紀~3世紀あたりに中国から入ってきた。主に初夏位に新物が市場に出回る。日本の文化とは切っても切り離す事は出来ず、味の「スパイス」として料理などに使われることが多い。血行を良くして身体を温める効能があるということは、昔から多くの人に知られている。薬味や料理の下味など食材として使われることが多い。黄色いものが多く、そのものをすりおろして食べる家庭もあるが、既にすられていてチューブ状になっている物もある。大体156円位で売られている。漬物にされてご飯と食べるのもうまい。食べたり飲んだりすると体が温まるため、冬に寝る前に飲むと夜ぐっすり眠る事が出来る。

効能[編集]

独特の刺激を持つ香りや風味があり、殺菌作用や抗酸化作用のある「ジンゲロール」をはじめ、30種類以上もの成分が入っているが含まれている。ジンゲロールには、吐き気を抑える「セロトニン」を抑制する働きがある。また、食欲を出させる成分も入っているため、風邪を引いた人や風邪予防にも最適。ダイエット効果もある。殺菌作用や抗酸化作用があるため、寿司屋でも刺身などと一緒に置かれる。風邪予防としては中国で昔から使われていた。乗り物酔いにも効く。便秘の解消にもなる。中国の人たちは物知りだったのだ。

現在も研究が進んでおり、また数年すると新たな成分が見つかり、より健康食品としての存在感を発揮してくれるに違いない。期待しても良いだろう。

栽培方法[編集]

サムネイルの作成エラー: サムネイルを保存先に保存できません
農家の人たちはいつも私たちのために種をまいてくれます。感謝の気持ちを表しましょう。
  1. 花屋さんに行きます。
  2. 種があるか聞きます。(なければホームセンターなどに行こう。最近のホームセンターには何でもそろっているからね。)
  3. 種がある場所まで行きます。
  4. 種を選びます。
  5. 種を持ちます。
  6. レジに行きます。
  7. 店員さんに値段を告げられます。
  8. 値段交渉をします。(ここでは粘りに粘って300円台を狙いましょう。山場です。)
  9. 種を買います。袋に入れ、持ち帰ります。
  10. 植えます。
  11. 生えます。
  12. 育ちます。
  13. 踏みます。
  14. 再び育ちます。
  15. 収穫します。
  16. 調理します。
  17. 食べます。

調理方法[編集]

生で食べる場合
一日小さじ1杯程度、乾燥している場合は1~4gを目安に摂取するとよい。冷奴などに乗せて食べる。
しぼり汁を飲む場合
胃や腸に対する刺激で消化機能を促進させたり、発汗作用や循環機能の活性化などからその不要なものを取り除く解毒の効果がある。すりおろした場合でも同じ。
海外での食べられ方
欧米ではハーブとして使っていることも多い。また、中国やインドでは古くから伝わる伝統医学の中に必ずといっていいほど利用されている。

イギリスを始めとする欧米では、ブレッドやクッキーが頻繁に食べられるようになった。

また、中国では、漢方には欠かせない存在として広く活用されている。他の漢方薬と組み合わせて使われることが多い。組み合わせた他の漢方薬の吸収を助け効果や効能を引き出して効果を高めるという作用を狙って利用されることが多いようだ。

はちみつ漬け
心も体も温まる。ただはちみつのツボにぶち込んで待つだけで美味しくできる。スイーツやドリンクにも利用される。

関連項目[編集]

サムネイルの作成エラー: サムネイルを保存先に保存できません
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「生麦」の項目を執筆しています。

最後に[編集]

おい、チョイ待て、これ生麦やない















「生姜や!」



この項目「生麦」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)