田中ロミオ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「田中ロミオ」の項目を執筆しています。

田中ロミオ(たなかろみお)とは、日本の女性アイドルとされる人物である[要出典]幼女でもある。

概要[編集]

当人物は姿を現すことはなく、おもに動向等で活動している。そのため、定義文に要出典が記述されるほど詳細が不明であるが、一部の勇者により、その真の姿は徐々に明らかにされている[要出典]

一部の層[1]に絶大な人気を誇り、尚且つ、自身が発した名言は長年にわたり語り継がれている。また、眼鏡をかけた女性の扱いが酷い[2]ことでも有名である。

副業としてちょっっぴりえっちなげーむを書くこともある。 ちなみに、前述した眼鏡をかけた女性の扱いの悪さは著書中では顕著に出ており、いたいけな眼鏡っ娘をアレにしたり、アレにしてみたり、はたまたアレをさせたり、更にはアレした。当然ながらその事で全世界の人口のうち20億人を占めるといわれる[要出典]眼鏡っ娘ファンを敵に回しもしたとされる。つくづく敵の多い方[3]である。

また、該当人物の他の著書においては、近年の衰退気味な人類についての自己解釈や、他人には決して見えない妖精の観察を行った本や、自身の学生生活の特異な行動をまとめた自叙伝を出している。

来歴[編集]

一部においては、「田中ロミオという芸名は改名後のものであり、以前までは山田一(やまだ はじめ)、という芸名を使用していたといわれている[要出典]。このことに関しては表社会において決して騒がれることはないが、山田一族から田中一族への寝返りと言う歴史上まれなケースでもあり、そのことで山田一族より狙われている

本人およびその周辺人物はそのことを隠したがっている様子であるが、熱心なファンにはたちどころに分かってしまう上に、同業者がそれとなくばらしてしまい、それが現在のネット社会では速やかに拡散してしまうのでむなしい努力である。

さくひんのふんいき[編集]

幼女が小説など書けるのか?あまり書いてないのに大丈夫か?とは彼女の作品を未読の人間にはよく思われる。しかし、その実、当人物の書く作品は読むものを恍惚とさせ、魔眼、特殊能力、王、謎の洋館などに憧れを抱かせることや、これの作品が好きな俺ってマジ玄人と思わせてしまうなどの症状を引き起こさせることが多い。全く以ってろくなことを引き起こさない。

さらに、当人物の作品には、ある程度の哲学的要素やSF的な要素も含まれてはいるため、頭の弱い人にとっては無駄に難解な上、ゲーム作品の場合、一度のプレイだけではなぞは解明されず、その全容が理解できないため、彼の作ったゲームを何週もプレイしなければ理解できない、などのある種の人々には邪魔な要素となってしまっている。しかしながら、あの人たちにとっては、その「面倒くさい」ともいえる作業が一種のたまらない燃料となるため、明日の糧へとなる、とされている。

ファンクラブ[編集]

当人物のファンクラブには著名な人物も多く所属している。某、秋の幸作家や、腰周りの表現に定評のある絵師意図して幸せなストーリーを書く事のできない作家などが所属している。ちなみに、一般人の会員のほとんどはアレ、もしくはアレ、そしてアレである。

ここまでの文章を見ているとよくわかるのだが、この人物がわかる人物はえてして紳士なのであるが、彼らは「選民思想の何が悪い、ジークジオン!」と思っていることだろう[要出典]

脚注[編集]

  1. ^ 詳細な理由は不明であるが、副業の一部に関してはこの病気の患者の主たる層と一致しません。
  2. ^ このあたり何かトラウマが存在するかもしれないが、眼鏡っ娘ファン以外は誰も気にしない
  3. ^ この世界においてはまだまだである。敵が多いのは「ストーリーが壊滅した作品に関する原作者」や、「パッケージ詐欺をした会社」などよりはましといわれている[要出典]

関連項目[編集]