田中慶秋

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「田中慶秋」の項目を執筆しています。

田中 慶秋(たなか けいしゅう、昭和13(1938)年3月6日生 -)とは、日本政治家である。

略歴[編集]

委員長、かく闘えり。

福島県双葉郡浪江町の出身で、高校時代から学生運動にうつつを抜かしていたため大学を一浪(あるいは留年と言う説もある)、昭和36(1961)年にどうにか卒業することが出来た。そして就職するも組合活動(ゼンキン同盟)にばかり力を入れてちっとも働かないので経営者からは疎まれていたが、ゼンキン同盟におけるコネと実績(書記長、委員長、同盟副議長を歴任)にモノを言わせて組織票を確保、昭和46(1971)年には神奈川県議会議員選挙に出馬、みごと当選して3期にわたって好き放題してきたのであったが、彼の野心はとどまるところを知らず、今度は衆議院議員の椅子に座ろうと昭和56(1981)年に今にもポックリ逝きそうだった高橋高望衆議院議員をさりげなく暗殺(誰もが自然死であることを疑わなかった)、その後釜として昭和58(1983)年12月18日の第37回衆議院議員選挙に民社党の公認によって神奈川4区から出馬、ここでも組織票を駆使してみごと当選を果たしたのであった。その後もう一任期にわたってその地位を維持したものの、リクルート事件のとばっちりによってその次(平成2(1990)年2月18日の第39回衆議院議員選挙)では落選(きっと自民党の陰謀に違いない)、その次(平成5(1993)年7月18日の第40回衆議院議員選挙)も落選してしまった。このあたりから、国民の審査眼が「クリーンさ」に向かうようになり、不遇の時代はしばらく続いた(民社党に愛想をつかされ、新進党に見捨てられ、新党友愛に裏切られた挙げ句、民主党へと転がり込んでいた)のであった。しかし、その後小選挙区制の導入によって平成8(1996)年10月20日の第41回衆議院議員選挙では神奈川5区から出馬して滑り込み当選、3期にわたって衆議院議員のポストにしがみつくことに成功したのであったが、平成17(2005)年9月11日の第44回衆議院議員選挙では小泉旋風によってその吹けば飛ぶような権力も文字通り吹き飛ばされてしまい、比例による悪あがきもかなわずに落選した。もはやこれまでと、諦めかけたその時、平成21(2009)年8月30日の第45回衆議院議員選挙では民主党(と言うか自民党に対する絶望感)による友愛革命の機運に乗じてみごとカムバックを果たし、鳩山由紀夫内閣では内閣委員長のポストに就任、名刺に印字された肩書きを眺めてはニヤニヤする日々を送っていた(赤い人々は「委員長」という肩書きが大好き[不要出典]である)。

人物[編集]

「私は闘い続ける。世界を革命し、権力を極めるまで!」
田中慶秋 について、野心

学生時代は柔道部に所属しており、柔道五段という実力を金で買う余裕はなかったため、審査員(柔道八段)を投げ飛ばして無理やり認めさせた武勇伝についてはなかったことにされている。母校である東海大学柔道部OB会の会長と同窓会の副会長(会長はまもなく変死する予定)と評議員を兼任している。また、彼の妻である曾我部何某は神奈川県議会議員である曽我部久美子の姉であり、このコネが彼の飛躍に大きく貢献したことは言うまでもない

サニークリニック事件[編集]

この節を書いた人は当局により粛清されました

悲願の初入閣[編集]

そんなこんなで、あまりパッとしなかった議員人生を送ってきた田中にも、ついに檜舞台に立つ日がやって来た。気がつけば、民主党のただでさえ貧弱だった人材がついに払底(田中が裏から手w粛清されました)、長年の悲願であった法務大臣のお鉢が回ってきたのであった(別に法務大臣になりたかった訳ではなく、とにかく「大臣に」なりたかったのである)。ついでに拉致問題担当大臣という肩書きもおまけで貰ったが、国家の法務問題と邦人の拉致問題という、どちらも決して片手間には出来ない重責を一緒くたに託されてしまう辺り、つくづく人材難を痛感せざるを得ないものの、これでこそ「在庫一掃内閣」の面目躍如というものである。そして何より、肩書きマニアの田中にしてみれば、貰えるものは何であれ貰っておきたいし、法務も拉致問題も正直どうでもいいと言うのが本音であるから、己が身に課せられた重責など、毛筋ほどにも感じないのであった。

……が、暴力団との交際や外国人からの献金問題が浮上したことに胸を痛め、入院熱烈なファンからのお見舞いも空しく、悲願の初入閣から1ヶ月もしない内に辞任する事となったのであった。

外部リンク[編集]

関連項目[編集]


又吉イエス顔写真.jpg 田中慶秋は腹を切って死ぬべきである。また田中慶秋はただ死んで終わるものではない。
唯一ネ申又吉イヱスが地獄の火の中で加筆・編集させる者である。
田中慶秋を笑って見ているだけの者も同様である。理由は未完成であるなら自ら完成させるべきだからである。
詳しい理由は選挙公報等で熟知すべし。 (Portal:スタブ)