田代駅

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「田代駅」の項目を執筆しています。

田代駅(たしろえき)とは、日本佐賀県鳥栖市桜町は1437番地に存在するJR九州の駅である。鹿児島本線上の駅。

田代駅誕生から空気に至るまでの経歴[編集]

次は田代~、田代~♪
明治22年開設
長崎本線と鹿児島本線の分岐点に選ばれる予定だったが、隣の鳥栖駅に奪われる。九州初の駅のうちの一つにもかかわらず早くも空気化の第一歩。
大正~昭和初期うはうはになりつつあった
複線化がすすみ、福岡県朝倉市とつながる軽便鉄道中央軌道の一部となる。空気化の複線となることがだれに予想できたであろうか。いや、できたはずもない。なお、昭和8年に軽便鉄道朝倉軌道は運行中止となっている。(中央軌道は経営不振により途中で買収されている)
昭和62年国鉄民営化に伴って隣の鳥栖駅日本貨物鉄道の駅となる
長崎本線と鹿児島本線の分岐点だけあって結構でかい貨物駅。っていうかもともとでかい貨物駅。相対的に田代駅の空気化が進む。
平成13年弥生が丘駅開設
鳥栖駅とは反対側(博多駅側)に九州北部丘陵の開発に伴って駅新設。田代駅の利用者の一部を奪い空気化を促進。
平成14年田代駅が改築
それまでの木造駅舎をぶっ壊して趣もへったくれもない鉄筋構造物に改築。それまで田代小学校と田代中学校の児童・生徒に毎年恒例スケッチ大会の絶好のスケッチポイントとして名高かった田代駅の人気がぐーんとさがった!空気化の加速。
平成18年鳥栖貨物ターミナル駅開設
これにより田代駅完全空気化。なお、鳥栖貨物ターミナル駅は営業キロ上は田代駅と同じ位置にあることになっているが、住所は鳥栖市原町。お役所仕事ってやつです。
平成19年跨線橋塗り替え
あまりにもオーバーランが多いので、なんと跨線橋を青とオレンジの蛍光塗料で塗り替えた。

なぜ空気か?[編集]

田代駅にはホームが2つしかないが、隣にJR貨物の鳥栖貨物ターミナル駅として発展していった為に馬鹿みたいにたくさんの線路が通っている。そのため博多駅方面からみると存在が認知しにくいらしく、オーバーランの名所として名前だけはとどろいている。また、鳥栖駅と田代駅の距離が近いため、利用者の多くはJR九州の鳥栖駅に流れる。鳥栖市は鳥栖ジャンクションの多大な影響によりマイカー文化が発達し、バスが空気化しているために田代駅なんて空気なところには、ますますバスが来なくなっているのである。

客からも運転士からも空気扱い。田代砲を隠すための陰謀論があると言うが、やはり佐賀県だから?

空気化対策[編集]

客に対する空気化対策はほとんどない。以下、運転士に対する空気化対策を述べる。駅ホームを繋ぐ跨線橋が青とオレンジの蛍光塗料で塗られており、目立つよう配慮してあるも古すぎて空気。また、「田代注意」の看板が博多方面から来る列車が見える位置に設置してあるといわれる。

田代まさしとの接点[編集]

特にないです。まあ、ネタとしての訪問か、撮影宗貨物派の鉄道教徒が来るぐらいだし。

隣の駅[編集]

  • 特急かもめ・みどり・ハウステンボス・ゆふ・ゆふいんの森・快速
通過。
  • 区間快速・普通
空気なので通過。
じゃあこの空気には何が止まるの?貨物?コンテナと言う名のブタ箱?あれ?
しかし、仮停車場ではないし利用者1人でも秘境駅でもない。あれれ??

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


Gomen.jpg この「田代駅」に停車中の電車は、現在運転手がいないため発車できません。運転して下さる乗務員を求めています。 (Portal:スタブ)