God of Tamo

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
出典: 八百科事典アンサイクロペディア(大丈夫、本当の項目名は田母神俊雄だから。君は間違っていないよ。
Tennnouninnka.jpg
畏クモ天皇陛下ハ御自ラ全臣民ノ爲ニ
本項ノ全内容ヲ天覽遊ハサレタリ
Naval Ensign of Japan.svg 大本營認可
本項ノ全文章及全内容ハ完全ニ正シキ事實トシテ大本營ニ依リ認可セラレタリ
全臣民ノ爲ニ畏クモ現人神タル天皇陛下ハ御自ラ本項ニ御目ヲ通サレ給ヘリ
此ノ項目ノ内容ヲ疑フハ現人神タル天皇陛下ヲ疑フト同義ニシテ
誤リタル思想ヲ持ツトセラルヽ場合ハ政治犯思想犯トシテ内亂罪ノ對象トス
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「田母神俊雄」の項目を執筆しています。
「俺のネタをこいつにパクられた。でもそんなの関係ねぇ!」
田母神俊雄 について、小島よしお
「あだ名、パクられていいかな?、いいとも!」
田母神俊雄 について、タモリ
パクってんじゃねえ!!」
田母神俊雄 について、パクロ美
「国体を護持するのに必要なのは正しい認識を持った人間だ。ゴリラはいらん。」
田母神俊雄 について、小林よしのり

God of Tamoタモネ申)(皇紀2608年(昭和23年)7月- )とは、八百万のシリーズのひとつ。日本の新興宗教団体・ネットウヨ教における最高神の一柱でもあり、「笑い」を司る。祟り神・禍津神・疫病神・貧乏神の類と考えて、概ね間違いない。人間の姿で活動する時の名は田母神俊雄(たもがみ としお)。愛称はタモさん。生前、つまり神に成る前は、将官クラスの軍人であり、指揮官としての能力は、牟田口廉也並。

なお、この神様が、選挙演説に降臨した場合、その政治家は、政治的生命、または、本当の生命が消えてしまう、と言うジンクスが有る。前者の例としては中山成彬西村眞悟、後者の例としては中川昭一があげられる。

なお、彼の正体は、コミンテルンの工作員である中国人・田母神(ティエン・マシェン、でん・ぼしん)である、と言う説も存在するが、真偽は不明。つーか、それなら“俊雄”はどこから来たんだ?映画「呪怨」公開以降、白塗りの俊雄少年の霊が憑依したという説もあるが、霊能者による学術的検証が待たれる。また、タモ(茶母)が朝鮮史における「お茶汲み警官」だったことから、朝鮮系の女神という説も存在する。「家庭を中心とした生活」を訴え、愛人との家庭性活を「魔性の籠絡目的による接近からはじまった火遊びに我を忘れて夢中になった」ほど徹底した。[1]

概要[編集]

元々は、大日本帝國軍 元帥であったが、氏のギャグを織り交ぜた話しぶりやその主張に感銘を受けたYahoo!みんなの政治国は勇者と認定。2ちゃんねる国+州東亜州mixi公国ニコニコ民国の一部にも応援運動が広まっていった。

しかし、リアルワールドでは時の総理大臣であるローゼン第8ドールが外部の圧力に負けて氏をしぶしぶ破門し、石破ゲルからも異端者として認定されるという受難の一途を辿っており、支持率が95%を超えるといわれているネトウヨ国への亡命が噂されている。

良識的知識人であるフランクフルト学派とは敵対関係にあり、氏が破門されたのは潜伏期間を経て活動してきたコミンテルン思想の末裔による圧力であると支持者たちは主張している。また、お笑い芸人としてデビューしており、やしきたかじんの「ここまでいって委員会」やタモリの「笑って良いとも」などにテレビ出演している。

「私もタモリさんも同じ“タモちゃん”です。」と強烈に逸脱したことを言うから出演したのである。きっと。話し方自体はそこらへんの田舎ののんだくれ親父と一緒だよ。また軍事評論家を名乗ってはいるが、主張は核兵器を日本が持つことでアメリカと中国と対等に話をしようということらしい。しかし彼の主張は巨根を持った男が女を口説くのに使わないと同じことであり、やはり使えるようにすべきだといえる。それに巨根を持ったとしてももてるとは限らないし、日本は童貞だから核兵器を持ったところで、相手にされないばかりか北朝鮮とおなじように「悪の枢軸クラブ」に殿堂入りするだけだよ。しかし北朝鮮も核保有国を宣言したところ、アメリカ帝国に相手にしてもらっていないところを見るとタモーさんのいうとうり日本が持っても損な気がする。

芸風・活動[編集]

空軍の将軍時代から記者会見でそんなの関係ねえなどと発言する天才的とも言えるギャグセンスを発揮し、軍事マニア[2]やお笑いマニアから高く評価されていた。一方で、石破ゲル防衛省大臣(当時)[3]などの冗談の通じない人間からはそのことでよく怒られていた。 あの時に、オッパッピーまで叫んでおけばよかったなぁ~。

ローゼン麻生らに破門された後も民主党の熱烈なファンからのラブコールを受け、11月11日国会での緊急ライブを行った。国会という厳粛とした施設においてもその破天荒な芸風は崩さず、あまりにもダイナミックな発言を連発したために議員一同は呆然となった。なお、視聴者からの不謹慎だという抗議を察してか、NHKはライブを中継しなかった。

2012年10月には、アメリカ海軍の水兵2人による強盗強姦致傷事件の被害者女性に対し、セカンドレイプを行なった[4]

以上のような実績を踏まえ、エクストリーム・謝罪への参加を要請されているが、本人は断固拒否している。もし参加すれば本年の大会での優勝も不可能では無いほどの素質を持っているためにファンからは悔やまれている。

「真の近現代史観」懸賞論文[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「「真の近現代史観」懸賞論文」の項目を執筆しています。

皇紀2668年に氏が発表し、マブダチであるアパグループ主催の大会で最優秀賞を受賞、賞金300万円を獲得したSFライトノベルである。内容は、「この世界のあらゆる事象はコミンテルンにより起こった」という斬新かつユーモアにあふれた内容であり、維新政党新風などのお笑いパフォーマーから絶賛された。また「アメリカの言うことを聞いていたらメイドにされる、だから戦争した。だから、白人に使われなかった。しかし、今の日本はポチだ。もっと巨砲がなければいけない」という訳の判らんこともいっていた。

しかし、多くの評論家(右派左派問わず)や歴史学者などのユーモア欠落症患者たちからはリアリティがないという理由で評価が低い。

また、大学の論文の試験では「D」判定すら貰えるかわからない程の文章力であり、自分の歴史への感想を書き綴っただけのユーモアな内容にかかわらず、総文字数は7000字に満たない文章で賞金300万円をもらえることに対しアンクロペディアの投稿者(誰?)から批判もある。それによればタモーの事をこうして書いているのだから、3万円分でもいいから牛丼ぐらい奢って欲しいというものだ。しかし、朝日新聞にマブタチだから貰えると、書かれた為もらわんかったそうである、ああ勿体ない。困っている人にでも寄付すれば株が上がったのに。ああ勿体ない。

コミンテルン教の教主として[編集]

一部の陰謀論者の適当な研究によれば、彼はコミンテルンの使徒であり、コミンテルン教の教主である事が判明している。史実によれば、既にコミンテルンという組織は解散しており、実在してないはずであるが、細かい事は良いのである。「証拠がないからこそ陰謀」であると彼を支持する…名前忘れた…も言ってたんだから問題は無い。細かい事はいいんだって。ともかく、彼の論文はコミンテルンの偉大さと、同志スターリンの権謀数術の恐ろしさを西側諸国に知らしめるきっかけとなり、(極々極々極々極々極々極々一部の)人々を恐怖と混乱、憎悪の坩堝へ陥れる事に成功したのである。現在、彼の論文は新たなるネタ帳コミンテルン教の聖書として翻訳され、web上で世界中に公開されている[5]。田母神俊雄氏は更迭されて今もなお、アメリカと資本主義の走狗たる日本国に多大なダメージを与え続けているのである(生き恥的な意味で)。

神聖ヒロシマ共和国への宣戦布告[編集]

産■新聞広■某販▲店に掲示されたタモーの宣戦布告

8月6日当日に神聖ヒロシマ共和国の中心スーパーヒロシマドームアリーナでネットウヨおよび日本会議を集め黒ミサを開催。その場でネットサヨに負けないように産経新聞と「正論」と「WiLL」を買って、アパホテルに泊まり日本文化チャンネル桜を見るようにと説教した。しかし、左翼勢力だけにケンカを売ればいいものを勢い余って「ヒロシマの平和を疑う」等、神聖ヒロシマ共和国全体に宣戦布告をした。宣戦布告の内容は、平和祈念式典の参加者は全国から集まったサヨクだけであり、広島市民・県民は一人もいなかったというものである。多くの被爆者を支持者に持つ広島の保守勢力はこの宣戦布告を「なかったこと」にするしかなく、その年に行われた衆議院選挙では保守王国広島の7つの選挙区のうち4つで自民党候補が落選するという逆神ぶりを発揮した。その後もタモーさんはやる気満々であるが、戦ってどうする?

核武装論[編集]

タモーさんは自衛隊戦争に対して童貞であるが、核兵器を持つ必要があると主張している。そのためにも神聖ヒロシマ共和国へ宣戦布告した。主張していることはどっかのアカンタレな現人神や放射能の人体影響の世界的権威たる理学博士の高田某と同じであるのは内緒内緒。ネットウヨからも支持されているが、核兵器を持つと原子力発電する燃料を売ってもらえなくなるから[6]、そのときは海水に溶け込んでいるウランをタモーさんとネットウヨの皆さんが掬って下さい。

ただ残念なことに自身のお宅に空き巣が入ってしまったそうだ。どうも自宅は核武装されていなかったようである。お茶目なことであるが、日本国にとっては極めて遺憾なことである。国防を語る前には自分のうちの防犯を語ってもらえたらよかったのにと残念である。

しかし、東日本大震災以降は、福島県出身でありながら、「放射線は体にすこぶる良い」と宣伝するなど、空き巣に奪われた金を東京電力から補填してもらう活動も行なっている模様。こうなったら福島第一原発の炉心に住み着いて、核武装で原発でかつどうしてもらいたいものだ。核武装しても日本人は大丈夫だ分ってもらうためにも。

現在の活動[編集]

目下志を同じする者たちがんばれ日本!全国行動委員会なるものを立ち上げ特定アジアの脅威に立ち向かうべく活動しているものの、何をトチ狂ったのか同志である筈の産経新聞親分にあたるテレビ局に韓流ドラマを放映してくれたってことでお礼参りしてしまい、報復としてタモーさんはインディーズ活動を余儀なくされたとか。しかも、こともあろうに仲間がそのテレビ局に掲揚していた祖国日本の国旗である日章旗を破くという、あるまじき行為をしたため警察に書類送検されたそうだ。祖国愛がなかったような気がしないでもないが、まあどうでもいいことでは済まされない!

にしても、同じタモ仲間なタモリが常連だったりするフジサンケイグループに喧嘩を売るところ新しい歴史教科書をつくる会と同じ行動ですなあ。尤も、連中もその辺りはアバウトらしく、当の本人がフジサンケイグループから出している雑誌に連載を持っていたとしても気にしない訳で。

2014年には犯罪行動する保守運動に刺激され、評論するだけの無行動ライフに飽きて自ら東京都知事選に出馬し、60万票を集めた。決して負けてはならない宿敵の左翼勢力から公認された宇都宮健児候補に大敗してしまった。しかし、朝日新聞は60万票とったと褒め称えた。これを受けて田母神は今後たとえ泡沫候補になろうとも重要選挙への出馬を続けると宣言して、同年12月衆議院選挙にも出馬。盟友エル・ア・カンターレの仏敵創価学会公明党にも散々陰謀論のネタにしてきたコミンテルンの日本支部にも大敗し最下位で落選した。だが地味に爺世代の党の公認候補の中では東京で一番惜敗率が高いなどそこそこ票は取れたよう。「左翼候補」VS田母神の戦いは誰が当選したか以上の注目を全国から集めることだろう。2016年4月に2014年の都知事選での行為が公職選挙法違反となり逮捕されたが、同日に発生した熊本地震の為に忘れ去られてしまった。田母神の戦いはこれからも続く!

脚注[編集]

  1. ^ [田母神氏“不倫”で離婚請求――東京高裁も訴え棄却 http://blogos.com/article/103237/]
  2. ^ 主に乾いた笑い
  3. ^ これで兵器選びに口をださなければ・・・。装軌嫌いと欧州兵器好きにも程ほどにしなさい!いやラファール可愛いけどね。
  4. ^ 「平成7年には女子高生が午前4時に」云々と曰うが、その事件は小学生が午後8時に買い物に出ていて襲われた事件だからね
  5. ^ Japan's air force chief faces sack over second world war comments MILITARYPHOTOS.NET
  6. ^ それ以前に、どこで実験するの?

関連項目[編集]


軍隊の兵士による兵隊のための軍事スタブ この田母神俊雄は、敵軍によって占領されています!!
このページを開放するには、アンサイクロペディア軍の意地という物を証明してみてください!
健闘を祈っております!敬礼!! (Portal:スタブ)