由布市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「由布市」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「由布市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「由布市」の項目を執筆しています。

由布市(ゆふし)とは、湯布院と言う別名で有名だったりしなかったりする場所である。

概要[編集]

由布院こと由布市は、大分県に存在する別荘地として有名。由布市の歴史は、遅くも江戸時代からだと考えている。ちなみ元々湯布院と呼ばれていたが、平成に入り由布院と変更・・・しかし、湯布院の印象は色濃く残っており、いまややかましいことになっている。

歴史[編集]

湯布院こと由布院は、温泉の量が別府の次に当たる2番目多いことである。その影響か多くの湯名人たちがよく訪れる。

大正時代から現在まで「別府の奥座敷」として愛称を持っている。その影響か、多くの著名な人が別荘地として使われている。湯布院だけでなく「小田原」「大磯」「京都」など「奥座敷」と呼ばれているところはいろいろある。

そもそも由布院温泉を広ませたのは、ぴかぴかおじさんこと「油屋熊八公」である。彼は自分なりの別荘(旅館)地を作り、多くの有名人などおもてなしをした。そこから徐々に今や世界も認めるほどの町になったのであった。

しかし由布院がこんなにも有名になるには、様々な壁を超えていた・・・

由布院の危機・第一章VSダム建築[編集]

時は1952年、とある建築会社が由布院にてダムを造ろうとしていた、この時多くの町や温泉などがダムによって沈んでしていた時代であった。 そして、遂に由布院もその危機に迫られていた。その計画は、由布院の盆地に巨大なダムを作り、そのダム湖畔を観光地にする計画であった。このままでは、由布院の未来が危ない!!

しかも地元には莫大な補償金も支払われる一石三鳥の構想とあって、町行政も議会も推進姿勢でもあった。これに対し町の青年団は断固反対運動をおきる、その成果か遂にダム計画を白紙に撤回、建築会社の完全敗北となった。

由布院の危機・第二章VSゴルフ場計画[編集]

2つ目の危機は1970年、大手開発社は猪の瀬戸湿原という、動植物の楽園地でもある。これを平地にしゴルフ場にしようとたくらんでいった。これも反対運動をおきる、自然保護運動として大きく対立、県や町など巻き込むことに成功。この影響かマスコミもどんぶり状に取り上げていた。この結果、大手企業は、完全敗北同時に自然保護運動から「明日の由布院を考える会」に変更。由布院の未来を守ったのでもあった。

こうして、由布院の危機は多くの団体によって救われていたのでもあった

アイデアの完全勝利[編集]

1975年(昭和50年)4月に試練が訪れた。 地震が由布院を急襲、被害は大きく、由布院内のみならず九州横断道をはじめとした主要道路も壊滅的な打撃を受けた。「由布院は壊滅した」とのうわさが駆け巡った。 ここで「湯布院(本来は由布院と表記すべき)は健在だ」と全国にPRするため、観光協会では辻馬車の運行を決める。震災の翌月には対馬に辻馬車の馬を買い付けに行き、7月には運行開始。田園風景ともマッチし、辻馬車は大評判をとった。

由布院という町は今日も多くの人によってもてなしをしている

関連項目[編集]