男らしさ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「男らしさ」の項目を執筆しています。

男らしさ(おとこ - )とは、ちんこに対する誤解偏見の体系である。

概要[編集]

男らしさを語る前に、現実にが行っていることを列挙すると、バカ話、パワーゲーム、オナニー、個人的な趣味の追究などが挙げられる。それゆえ、本来の意味での男らしさとは、これらの行為のいずれかに対して突出した能力を発揮することである。

男らしさに対する誤解[編集]

男らしさに対する誤解を抱くのは、「男に生まれたかった」という女性に多い。彼女らは男性のもっている物理的な強さを「男らしさ」と勘違いするのである。実際に男性同士がパワーゲームを行っていることがこの誤解に拍車をかけている。この勘違いに取り付かれた女性のなかには、いい年こいて日本刀を所持し、逮捕されるなどの愚行にいたった者も存在する。しかし現実の男性においてナイフを持つなどの行為で強さを誇示するのは中学生高校生までであり、それ以上の年齢で刃物で力を誇示するのはDQNヤクザである。

このような誤解が生じるのは女性が男性のマッチョな身体に対してコンプレックスを抱いてしまうからである。しかしDQNやヤクザを除く一般の男性は自分の持っている力をそれほど意識してはいない。すなわち女性は自分が物理的な力を持っていないことに対してコンプレックスを抱き、男らしさとは強さだと思ってしまうが、男性はその強さがあたりまえであるがゆえに意識していないということである。

男による女性「排除」[編集]

男らしさに対する誤解を抱かずに男性と伍していける女性も存在する。彼女らは肝っ玉母さんとかキャリアウーマンなどと呼ばれる。

このなかでキャリアウーマンは男同士のパワーゲームに参加するので嫌われ、男性のような出世ができない。このことを「差別だ」というキャリアウーマンも多いが、実際には優秀な女性を出世させないために男が派閥をつくって連合しているに過ぎない。これは男同士のなかで「叩き上げでないアイツを出世させるな」という同盟が組まれるなどの行為と同等であり、パワーゲームという意味では男らしさの発動でもある。こうした行為は女性「差別」ではなく女性「排除」と言えよう。

それゆえ出世を志す女性はこうした女性「排除」を気にせず、派閥をつくる、論争で勝利するなど、パワーゲームにおける「男らしさ」を発揮するという方法が考えられる。


上野千鶴子[編集]

上述のように女性が出世するには「男らしさ」を発揮することが必要であるが、最近では上野千鶴子が女らしさを持ったまま生きていける社会を主張しており、女性の間では上野千鶴子に叱られないように出世することが課題となっている。