男体山

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「男体山」の項目を執筆しています。

男体山(なんたいさん)とは、栃木県日光にある日本一マッチョな火山。標高は2,486m。別名は「男山きんに君」。ちなみに筑波山奥久慈にもそっくりさんが存在しているが、アントニオ猪木に対するアントニオ小猪木アントキの猪木と同様、本物に比べた場合のスケールダウンは半端ではない。

男体山の遠景。県内ほぼ全域でこのような風景が見られる

概要[編集]

日光国立公園内にあり、2万年前に大噴火を起こした。このときに華厳の滝と中禅寺湖を作った。山頂には、日光二荒山神社の奥宮があって神像が何体か祭られている。ま、湯ノ湖や、白根山を一望できる。

東北側には妻である女峰山いちごが大量に取れることで有名である)があり、その間には大真名子山小真名子山という「愛児(まなご)」を設けているが、実はその他にも太郎山という隠し子がある。山のくせにお盛んである。なお、筑波の男体山は女体山というエロぽい名前の山とペアである。山のくせに生意気であると言うしかない。

歴史[編集]

782年に勝道という僧侶によって初登頂されていることが、空海の著書『霊集』に記載されている。勝道は山頂に達することが自分の悟りを開くと考え、前人未到の男体山への登頂を志したと言われている。2回失敗してもなお挑戦をやめなかったというのだから、よほどのマッチョ好きであったと考えられる。幸いにも、3度めの挑戦で性交成功したのであるが、悟りを開けたのかどうかは定かでない。

男体山が噴火したら[編集]

  • すぐに別の場所へ避難したりする。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

この項目「男体山」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)